自動車保険

自動車保険の口コミ・ランキングはどれだけ信頼できるものなのか?

自動車保険の加入や乗り換えを検討する際、保険料や事故対応のことをインターネットで口コミやランキングを使って調べることも多いのではないでしょうか。

その際注意していただきたいのは「どこまで参考にするか」という点です。ネットには様々な情報があふれており、誤った情報も一定数存在します。

今回は、自動車保険の口コミやランキングの信憑性についてお伝えします。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

自動車保険の口コミサイトにはどのようなものがある?


一口に口コミサイトといってもいくつか種類がありますが、それぞれには傾向があります。

  • 自動車保険比較サイト
  • 個人ブログ
  • 保険会社HPのお客様の声

自動車保険比較サイト

中立度
参考度

3つの中では中立性は高めです。ただし、自動車保険比較サイトの運営の収入源は主に「広告」となることから、あからさまにスポンサー会社の保険を良く書いていたり、いいところばかりを強調しているというケースもあることには注意が必要です。スポンサーからお金をもらっている以上、そうした戦略をとることを否定はできませんが、中には恣意的に良く見せようとしているサイトもあるということを覚えておいてください。

比較サイトの口コミで特徴的なのは、「保険料」に関する口コミが多いことです。大手損保の割高感に嫌気がさして比較サイトを利用している人が多い結果でしょう。また、通販型自動車保険の特徴である「事故対応が主に電話で行われること」に対する不安を払しょくする口コミなどが多いのも特徴です。

自動車保険の比較サイトは、主に通販系の比較がメインになります。通販型自動車保険はネット経由での申し込みが主にになりますので、どのサイトも通販系の紹介には積極的です。比較サイトで見積もりを取ってそのまま契約申し込みサイトに誘導ということもあります。

大手損保についても触れられていますが、大手損保は代理店経由での加入が主な販売経路となるので、ネットで大々的に紹介されるケースは少ない印象です。

個人のブログ

中立度
参考度

個人のブログは、その人の主観に基づき記載されているということを念頭に置かなければなりません。特にSNSや日記ブログ等の類は完全に主観で記載されているので、参考にする際には注意しましょう。

個人ブログでは保険料のことよりも、事故時の対応に対する不満が書かれていることが多い印象です。これについても書いている本人のフィルターが相当かかっており、公正なものとは限りません。しかし、実際に体験した情報が記載されてあることから、中には貴重な情報があることも事実です。

事故時の対応については、すべての人がパーフェクトに満足といえるような解決を常にできる保険会社などこの世に存在しません。私たちプロがこういった記事を見る場合には、過失割合の決着など、事故の示談内容については全く見ません。事故の示談内容については事故形態により結果は千差万別であり、一概にこうであるという正解がないためです。内容について文句を書いている口コミの場合は、内容に満足がいっていないだけであり、本来であれば示談をしなければいい話なのです。

一方で、保険会社の応対や説明についての不満に関してはじっくり読みます。これらについては保険会社の顧客サービス水準の一つの目安になるからです。その保険会社の対応のどの部分に不満を持ったのか。こういった情報は非常に大切な情報です。

もちろん、受け手側の主観が入っていますのですべてが正しいとは言えないのかもしれませんが、少なくとも契約者が不満に感じる応対をしているということに顧客サービス品質に問題があるといえるからです。ですので、個人ブログでは主観が入っているという前提を頭に置きながら、保険会社の損害サービス対応についてじっくり吟味することをお勧めします。

保険会社の「お客様の声」

中立度
参考度

保険会社のHPにもお客様の声として様々な意見が掲載されていることがあります。口コミとは少し違うのかもしれませんが、消費者からの感想という意味では口コミとほぼ同じような意義があるでしょう。

保険会社のHPに掲載されているものは、お客様センターにかかってきた電話や、手紙やメールでのお客様アンケートの結果などを掲載しています。保険会社公式HPということもあり、あまり過激なものは掲載されていません。掲載されている内容のほとんどが保険会社へのクレームではなくお褒めの言葉的や好意的な内容です。さすがに自社のHPにあまり否定的な意見を掲載することはありません。そうしたバイアスがかかっていることにも留意しておきましょう。

口コミだけでなく自動車保険の「調査機関」を利用しよう


自動車保険の情報には「調査機関」による情報もあります。こうした第三者的立場の情報を利用することも比較する上では重要です。

調査機関の役割は?

テレビCMなどで「〇年連続事故対応顧客満足度ナンバーワン」などといったフレーズを耳にしたことがあるかと思います。これは何をもとにしたフレーズかというと、調査機関が一般消費者に対して行った調査結果です。

調査機関は、いくつかの項目を設定し消費者にアンケートを取りそれを集計し、そのデータをもとに、顧客満足度などランキングを付けていきます。サンプル数もそれなりの数になり、第三者機関によるものなのである程度の信頼性は確保されていますので参考にする分には問題ありません。

データを読む場合、総合評価よりも、自分が保険会社に何を求めているかといった部分のデータを抽出して読むことをオススメします。例えば保険料なのか事故対応なのか。何かひとつ軸を決めて見るようにしましょう。総合評価のみを見てしまうと、他の評価基準も加味されてしまいます。

第三者機関としての調査機関で有名なのは

自動車保険の調査機関として有名なのは以下二つです。

  • J.Dパワージャパン
  • オリコン

J.Dパワージャパン

一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。リサーチ会社の先駆け的存在で、本社はアメリカです。J.D.パワージャパンは、自動車保険だけでなく、様々な商品の満足度を調査しています。アメリカにおける自動車メーカーの満足度ランキングなどは毎年ニュースになるので有名です。日本においては携帯電話会社の満足度ランキングが有名でしょうか。企業は結構この結果を気にしているようです。

自動車保険については、代理店型の自動車保険と通販型の自動車保険について分けてアンケートをとっていますので、それぞれでの順位が出ています。

オリコン

オリコンは音楽チャートでご存知の、あのオリコンです。様々な分野の顧客満足度ランキングの調査も行っておりHPで公開されています。調査の種類も非常に多岐に渡っています。

自動車保険保険については、J.Dパワージャパンとは違い、代理店型、通販型を一緒にした総合ランキングとなっています。

特徴としては、項目ごとのランキングも掲載されています。「保険料」「加入・更新手続き」「商品内容の充実度」などが掲載されています。

口コミ・ランキングは信憑性があるのか?


口コミやランキングに信憑性があるのかということですが、実際に体験したことの事実などが書かれているという意味では一定の信頼性は置けるでしょう。わざわざ嘘の口コミを書くことはあまり考えられません。悪い口コミにしても、実際にこういうことがあったから腹が立った、または今後加入を検討している人に注意してほしいなどの思惑があり投稿されることがほとんどでしょう。

ランキングについては、サンプル数がある程度確保されているので信憑性については高くなります。特に上記のような第三者機関による調査は信憑性が高いでしょう。

しかし、第三者機関ではないところが独自に出しているランキングについての信憑性には疑問符が付きます。というのも、第三者機関は調査結果の信憑性を上げるために公正であることを最も重視します。そのため調査対象となる企業からの広告を受けないという暗黙のルールがあります。

それ以外の独自ランキングサイトなどでは、自動車保険会社から広告費などをもらっていることもありえるため、公平性に欠けてしまうおそれがあります。さすがに広告費をもらって悪いことは書きにくいですからね。信憑性という観点では、第三者機関の調査機関が最も公平さが保たれており、それ以外のサイトに関しては参考程度にしておくのがよさそうです。

口コミ・ランキングはどのように使えばいい?

自分は何を重視するのか「評価軸」を決める

口コミやランキングは上記のように参考にしていただいて結構だと思います。その際に、口コミ・ランキングサイトを見るにあたって念頭においていただきたいのが、ご自身の評価軸です。

いろいろな記事や、統計、口コミ、ランキングを見る際にご自身の評価軸を持っていないといくら読んでも意味がないのと等しくなります。理由としては、サイトごとにデータの前提となる条件も違いますし、口コミに至っては主観が中心の評価となります。

データや口コミに対する前提条件が全てそろっている前提であれば、比較をしながら読む意味も出てくるのですが、これだけネットが普及し多様化した現在においてそれを求めるのは無理です。

ということで、ご自身で何を重視して口コミやランキングを読むかという評価軸を設けてください。その部分についてはご自身が基準になりますので、ご自身の基準でその部分についての記事をじっくり読んで研究されるのをお勧めします。その他の部分については付随情報的な感じで軽く読み流してもいいでしょう。

人によって何を重視するか、どの部分の情報を特に知りたいかなどの評価軸は千差万別ですので、同じ記事やランキングを読んだとしても感想は千差万別になります。しかし、これらの口コミやランキングなどのデータはあくまでも参考程度と思ってください。

まとめ

まとめ
  • 口コミには主観が入っていることを頭に入れておくべし
  • 第三者機関のランキングはある程度の客観性がある
  • HPのランキングサイトなどは保険会社に広告をもらっていることもある
  • 自分が何を重視するかの評価軸をもって読むこと
  • 口コミ・ランキングサイトの内容は鵜呑みにせず参考程度に

このように口コミ・ランキングサイトについてお話をしてきましたが、現在ではネット上に情報があふれておりどこまで信用できるかというのは一般の消費者が判断するのは難しい時代になってきています。我々プロがみると裏事情が分かっていたり客観的な判断基準を持っていたりするのでこの情報は誤ったものであると取捨選択もできるのですが。それでもすべての情報を取捨選択できるわけではありません。

ご自身の知りたい情報が口コミで見つかることもあるかもしれませんが、それもすべてが正しいとは限りませんのでやはりネット上の情報は参考程度にとどめておく方がいいようです。

ABOUT ME
アバター
RYOMA
大学卒業後、大手損害保険会社に総合職として就職。在職中は営業担当。損害保険会社を退社後、生損保代理店を経営。数多くの自動車保険、事故を取扱う。損害保険全般に精通した知識を活かし、保険の上手な使い方をお伝えします。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!