カーライフ

【月収20万円で安く車を持つ方法】毎月かかる維持費と節約テクニック

月収20万円でも車を持てるのか?月20万円の収入は余裕があるとは言えませんが、それでも車を持ちたい、あるいは持たざるを得ないという方は多いのではないでしょうか。

結論から言えば月収20万円でも車を持つことは「可能」です。ただ、車にかかる維持費をうまく節約していくことがポイントとなります。また、車には毎月どのぐらいの維持費がかかってどのぐらいの費用を確保すればいいのかしっかり把握することも大切です。

今回は、車にかかる毎月の費用、そして月収20万円で車を持つための節約テクニックをお伝えします。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

月収20万で車を持つことはできるのか?


月収20万円でも車を持てるかと言えば、答えは「イエス」です。ただ、何の節約もせず持てるかと言うとそうではありません。車には当然維持費がかかりますから、いかにそれを節約できるかがポイントとなります。

車の購入費用や維持費はどれくらいかかる?

一般的に車を購入した場合、月々かかる維持費の詳しい内訳は以下の通りです。

月々かかる費用
ローン 15,000円~50,000円
駐車場代 10,000円~30,000円
ガソリン代 10,000円~30,000円
自動車保険料 10,000円~20,000円

一括払いであればローンはいりませんが、駐車場代・ガソリン代・自動車保険料などの費用が30,000円~80,000円ほど必要になってきます。あまりに高い駐車場を借りたり、使用頻度が高いのに燃費の悪い車を購入したりすると維持するのが難しいでしょう。

また、税金などの費用も支払わなければいけません。

一定期間ごとにかかる費用
自動車税 7,200円~/1年
車検代(自賠責費用含む) 50,000円~150,000円/2年
メンテナンス費用 30,000円~50,000円/1年

車を所有すると「自動車税」が毎年かかります。自動車税は所有した車の排気量によって変わり、軽自動車ならば7,200円~10,800円で済みますが、1番高い区分だと年間110,000円(排気量6リットル以上)もします。自動車税の高い車は車検代やメンテナンス代も比例して高くなるので、月20万円の手取りで車を所有するのであれば、高い車はなかなか厳しいというのが現実です。

以上を踏まえて車を所有する場合、月々の維持費を算出すると、以下の維持費がかかると考えておいた方が良いでしょう。

【自動車別】毎月の維持費
軽自動車 50,000円~70,000円
コンパクトカー 70,000円~100,000円
普通車(小排気量) 80,000円~110,000円
普通車(大排気量) 100,000円~

具体的に算出してみると車を持つにはかなりの維持費が必要なことがわかります。これらをどう抑えるかが月収20万円で車を持つポイントです。

月収20万円でも車を持ちやすくなる5つのテクニック


月収20万円では維持費の節約がポイントなりますが、ちまちませず大胆に削れるものから削るのが鉄則です。

大きな節約効果が期待できるのは以下の4つです。

  • カーリースサービスの活用
  • 安い自動車保険の利用
  • カーシェアリングの活用
  • 軽自動車の利用
  • 安い駐車料の利用

カーリースを活用する

カーリースとは、定額の月額料を払って車を借りるサービスです。

月収20万円だと、車の購入費や車検費用などの初期費用をまとめて用意することが困難だと思いますが、カーリースならばこれらの初期費用はほぼかからない状態で車を入手することができます。若くてまだまとまった貯金がない人にはオススメのサービスです。

さらに、自分の好きな車種を選ぶことができますし、車は自分の持ち物のように扱うことができます(レンタカーやカーシェアと違って荷物を乗せっぱなしにしていてもOK)。車を購入できる資金が貯まるまではカーリースを使うという選択肢は十分にあり得るでしょう。最近は若い世代にカーリースを利用する人が増えています。

【低料金】カーリースの費用感はこちら

安い自動車保険を探す

自動車保険も月々10,000円~20,000円程度かかり、車の維持費の中でも多くを占める項目になります(特に若い人は保険料が高いです)。そのため節約の効果が高い項目と言えるでしょう。自動車保険も会社によって保険料が大きく違うため、安いところに加入、または乗り換えるだけで保険料が大きく下がる場合があるので、検討してみる価値は大いにあります。

若い人ほど自動車保険の見直し効果が高い

実は、自動車保険の見直し効果は若い人ほど高いです。

自動車保険は若い人ほど高くなることは知っていると思いますが、例えば同じ補償内容でも36歳以上の方の保険料が月々10,000円だとすると、20歳以下の若い方だと月々40,000円以上と実に4倍以上の保険料がかかるようになっています。これは若い人ほど事故リスクが高いためです。

ただ、裏を返すと数パーセントの違いが大きな違いになって跳ね返ってくるということ。自動車保険の見直しで安くなる幅も大きくなるため効果が絶大なのです。

保険料の比較は一括見積もりがオススメです。無料で利用でき、複数社の見積もりが一気に比較できます。個人的にこのサービスがいいのは営業の電話がかかってくることも一切ないこと。引っ越し見積もりのようにひっきりなしに営業電話がかかってくることはありません。手軽に利用できる上、今の保険料が高いのか安いのか確認できるだけでも使ってみる価値はあるので、一度保険料を比較してみることをオススメします。

\ 最短5分で完了!見積もりがまとめてとれる! /
【無料】一括見積もりはこちら!

カーシェアリングを活用する

そこまで頻繁に車を使わないのであれば、車を所有するのでなく、カーシェアリングを活用する手もあります。カーシェアリングの会社が所有する車を会員で共有して使用するという仕組みになっており、入会費と月額基本料がそれぞれ1,000円~2,000円かかる他に利用した分だけ利用料金を支払うようになっています。ガソリン代や保険料も月額基本料に含まれているので心配いりません。

一般的に週に1回2時間程度であれば利用で月々かかる料金は10,000円程度とかなりお得な料金設定になっているのが特徴です。

デメリットをあげるとするならば

  • カーシェアリングを利用できるカーステーションが自宅の近くにないと難しい
  • 通勤などで毎日車を利用する方には向かない
  • 車を利用したい時に予約が取れない可能性がある
  • 自分の乗りたい車に乗れない

などがあり利用できる方は限定されてしまいますが、もしカーシェアリングでも良いという方であれば自分で車を所有するよりはかなりお得な料金で車の乗ることができます(主に都会に住んでいる方向けかもしれません)。

タイムズカーシェアの料金を確認する

【実体験】タイムズのカーシェアを5年以上使ってるから魅力について語ってみるタイムズのカーシェアを5年以上使ってるから魅力について実体験を語ります。お金をかけずに乗ることができ、貸出返却24時間OK、色々な種類の車に乗ることができ、乗り場も多く車内もキレイです。ダメなところのご紹介、細かい使い勝手などお伝えします。...

軽自動車を購入する

車の中でも維持費をかなり抑えられるのが軽自動車です。燃費の良いものが多いのでガソリン代を節約できますし、自動車税や重量税などの税金関係も普通車と比べるとかなり安いです。

メンテナンスにかかる費用、例えばオイル交換やタイヤ代などの部品代も普通車と比べ安いですし、それに伴って車検代なども安く抑えることが可能です。

普通車でないといけない理由がない限り、軽自動車を購入することをオススメします。

安い駐車場を探す

駐車場代は毎月数万円を払わなければならないため、車の維持費の中でもかなりの割合を占める費用になります。

例えば駅の近くにお住まいで近隣駐車場を探すとなると当然駐車場も高い設定になっています。少し離れた場所で探すと駅近くの相場よりも1万円程度安い駐車場が簡単に見つかったりします。駐車場から家まで少し歩かなければならなくなりますが、月々1万円節約できると考えれば安いものです。

駐車場は自宅の近隣だけでなく、少し歩くことも覚悟しながら離れた場所であっても安い駐車場を探すようにしましょう。

実際に月収20万円で車を持っている人の体験談

月収20万円、20歳の私が車を買ったら

私は車が必須の地方に住んでいますので、18歳で免許を取ってすぐに車を所有しました。と、いっても最初の車は親から譲り受けた軽自動車でしたので実際に自分で車を購入して所有したのは20歳の時でした。

購入したのは中古のクラウン。150万円を3年のフルローンで購入しました。ローンの支払いが月々5万円近くかかっていました。

維持費の節約につとめていたこと

今思えば無謀でしたが一人暮らしで月収20万円も収入がない中でクラウンを購入し、5万円のローン返済に追われるようになったので、かなり厳しい生活を送っており維持費を節約せざるを得ない状況でした。

まず駐車場ですがアパートに備え付けの駐車場が月額1万円だったのですが、500m離れたところに月額5,000円の駐車場があったのでそちらを借りることにしました。また買い物など近隣へ出かける時は車を使わず自転車などを利用してガソリン代の節約もしていました。オイル交換やタイヤなども安いところを探して行っていましたね。

車はほとんど通勤のみに利用、たまに遠出をする時にも利用するという感じでしたがそれでも月々の維持費は以下のようにかかっていました。

毎月の維持費
ローン 5万円
駐車場代 5,000円
ガソリン代 15,000円
自動車保険 15,000円
合計 85,000円

このように節約しても合計で月々85,000円ほど維持費がかかっていました。その他に家の家賃が4万円、光熱費が15,000円、食費が2万円、携帯代など雑費が2万円とかかり手元には僅かなお金しか残っていなかったのが現状です。

僅かに残ったお金から毎月いくらか貯金をしていましたが、その貯金も毎年の自動車税(58,000円)や車検代(15万円程度)で飛んでいっていた覚えがあります。それでも20万円の手取りでクラウンを持つことは何とかできていました。

車を買い替えたら凄く余裕を持てた

クラウンのローンが終わったくらいの頃、私は中古車販売店の営業に転職をしました。そこで車や自動車保険のあれこれを学び、月20万円の収入で余裕を持って車に乗るなら軽自動車かコンパクトカーが1番だという結論に辿り着きます。

丁度ローンも終わったことですし、クラウンの買取り代金を頭金にして中古で80万円のタントを購入しました。頭金30万円で残りの50万円で2年のローンを組み、月々25,000円の返済です。また自動車保険も満期のタイミングで乗り換えを行い少し安くなりました。

クラウンからタントに買い替え、自動車保険も乗り換えたことで月々の維持費は以下のようになりました。

毎月の維持費
ローン 25,000円
駐車場代 10,000円
ガソリン代 10,000円
自動車保険 7,000円
合計 52,000円

ローンが大幅に安くなったことでかなり余裕ができましたね。ガソリン代や自動車保険も抑えられたので、駐車場はもう歩かなくていいようにアパートに備え付けのものを借り少し高くなりましたが、それでもクラウンに乗っていた頃に比べ3万円以上も余裕ができ、しっかりと貯金もできるようになりました。

また軽自動車なので自動車税や車検代、メンテナンス費用も安くせっかくの貯金を維持費で崩されるということもなくなりました。

このように月収20万円でも無理すればクラウンクラスを所有できますし、軽自動車やコンパクトカーであれば余裕を持って所有することが可能です。月収が20万円しかないからと車の所有を諦めるのはもったいないですよ。

月収20万円でも車のローンは組めるのか?

月収20万円でも車のローンを組むことはできます。車は生活必需品ということで他のローンよりも審査に通りやすく、過去に金融事故などがなく月収が20万円程度あれば300万円程度のローンなら簡単に組むことができるでしょう。

格安の車は危ない?中古車販売員からのアドバイス

車の購入費用を安く抑えた方がローンの月々の支払いを抑えることが可能ですが、安ければ安いほど良いというわけでもありません。

たまに驚くほど格安の車を見かけることがありますが、そういった車には思わぬ危険が潜んでいたりします。現役中古車販売員である私からアドバイスさせていただくと以下の点に注意です。

  • 修理歴がある可能性が高い
  • 不具合がある車かもしれない
  • 低年式、過走行の車の可能性

修復歴車である可能性が高い

修復歴車とは過去に車の骨格に関わる重要な部位を修理もしくは交換した車のことを言います。一般的には事故車と呼ばれる車ですね。修復歴車は同程度の中古車相場よりも格安で販売されていることが多いです。

何もなければお得な買い物になるかもしれませんが、修復歴車は見た目が綺麗でも骨格が歪んでいたり、エンジンなどの内部機関の調子が悪くなっていたりと後々膨大なメンテナンス費用がかかる可能性が高くなっています。

購入費用を少しでも安くしようと修復歴車を買ったが最後、その後の修理やメンテナンス費用で膨大な費用がかかり結局損をしてしまったという話も多く聞きますので修復歴車には手を出さない方が良いでしょう。

不具合がある車かもしれない

修復歴はなくともエンジンやミッションなどの調子が悪く、すぐに壊れる可能性のある車かもしれません。しかしエンジンやミッションの調子の良し悪しなど素人目に見てもわからないものです。あまりに格安の車の場合、販売店にエンジンやミッションの調子が悪くないかはしっかりと確認をした方が良いでしょう。また万が一故障した時の保証がどうなっているかはしっかり確認しましょう。保証を付けてくれない販売店で格安の車を購入するのはリスクが高いので避けた方が良いでしょう。

低年式、過走行の車ではないか?

格安な車は多くの場合、低年式や過走行の車である場合が多いです。低年式や過走行の車の場合それだけ故障のリスクも高くなってきますので避けた方が無難でしょう。目安としては10年落ち以上のもの、10万㎞以上走行しているものを避ければトラブルが起こる可能性は少なくなります。

まとめ

まとめ
  • 月収20万円でも車を持つことは可能
  • 大排気量の普通車よりはコンパクトカーや軽自動車の方が維持費が安い
  • 駐車場や自動車保険はより安いものを探すべき
  • あまりに安い格安の自動車には注意が必要

以上のように月20万円の月収でも車を持つことは可能です。工夫をして節約をすれば余裕を持って所有することもできるでしょう。節約の大きなポイントは駐車場や自動車保険をより安いものにすることです。これは今、車を所有しているという方でも簡単に変更できるものなので今すぐにでも検討してみることをオススメします。

車の所有には確かにお金がかかりますが、そのお金以上に車を所有することで生活の利便性を向上させることができます。賢く車を所有して便利な生活を手に入れましょう。

ABOUT ME
天王寺トモ
天王寺トモ
現在中古車販売店の営業として勤務する傍らでフリーライターとしても3年間活動しています。損害保険募集人の資格も持ち、自動車保険の販売も並行して行っています。中古車を販売しながら、それに付随した自動車保険の提案を行っておりますので、より現場に近い立場から自動車保険のことについて解説ができます。またフリーライターとしての経験を活かし文章で皆様にわかりやすく自動車保険のことについてお伝えしていきたいと思っております。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!