自動車保険会社の口コミ・評判

AIG損保の自動車保険は高い?口コミ評判から見積もり方法まで調査

AIG損保の自動車保険は、国内では珍しい外資系の代理店型自動車保険です。アメリカを本拠地にしており、2018年には富士火災を吸収合併しました。

ところで、AIGの自動車保険について高いと感じていないでしょうか。実際のところ、代理店型の自動車保険なので通販型自動車保険と比べると高くなってしまうのは仕方ありません。しかし、保険の手続きは代理店に丸投げできること、商品内容が充実しているため、手厚い補償内容にカスタマイズできることが強みとなっています。

では、AIG損保の自動車保険の特徴や事故対応、商品内容はどのようになっているのでしょうか。加入にあたりおさえておくべきポイントについてまとめました。

\ 自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!/


\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

AIG損保の自動車保険は保険料が高いのか?

自動車保険に加入、または更新する際に気になるのは値段かと思いますが、AIG損保は代理店型の自動車保険ですので、通販型と比べると保険料は割高になってしまいます。

自動車保険には代理店型と通販型の2種類が存在し、AIG損保のような代理店型の自動車保険は代理店手数料が保険料に含まれるためどうしても割高になりがちです。一方通販型自動車保険は損保とユーザーが直接契約を結ぶため中間手数料が一切かかりません。そのぶん代理店型自動車保険よりも安く保険商品を提供できる仕組みとなっているわけです。

しかしながら、代理店型の自動車保険は手厚いサービスを売りにしており、基本的には自動車保険のことは代理店スタッフに丸投げできます。また保険商品の内容も通販型自動車保険より充実している傾向にあり、補償をより充実させられる様々な特約が用意されています。

「価格ではなくサービス内容を重視したい」、AIG損保はそんな方におすすめの自動車保険です。

AIG損保の自動車保険の口コミや評判は?

実際の利用者の声を調べた結果、いい口コミとしては「事故対応がスムーズ」、悪い口コミとしては「保険料が高い」「手続きが遅い」などが見られました。

良い口コミ

悪い口コミ

外部調査機関の評価

外部調査機関が公表しているランキングの中では平均的な位置付けと言って良いでしょう。JDパワーのランキングでは3位と健闘。中立性の高い調査機関なので、一定水準以上のサービスで満足度を得られていると考えられます。

価格.com オリコン J.D.パワー
1位 セゾン自動車 ソニー損保 ソニー損保
2位 チューリッヒ 共栄火災 東京海上日動
3位 ソニー損保 東京海上日動 AIG損保
4位 SBI損保 チューリッヒ 損保ジャパン
5位 アクサ損保 セゾン自動車 イーデザイン損保
6位 イーデザイン損保 アクサダイレクト セゾン自動車
7位 三井ダイレクト AIG 三井住友海上
8位 楽天損保 イーデザイン損保 チューリッヒ
9位 AIG損保 日新火災 あいおいニッセイ同和
10位 三井住友海上 東京海上日動 三井ダイレクト
11位 そんぽ24 アクサダイレクト
12位 三井住友海上 SBI損保
13位 三井ダイレクト
14位 SBI損保
15位 あいおいニッセイ同和

※2019年2月最新データ

\ 安い自動車保険を探すなら、一括見積もりでまず比較! /
AIG損保の自動車保険を含む
一括見積もりはこちら

AIG損保の自動車保険の特徴は?

車だけでなく家族の自転車事故までカバー

AIG損保の自動車保険は、車の事故だけでなく自転車事故までカバーしてくれます。補償範囲は相手を怪我させたり、モノを壊したりした場合に加え、自分がケガをした場合にも補償を受けることができます。

補償範囲はご家族全員。誰か一人がAIG損保の自動車保険に加入するだけで、家族全員の自転車事故のリスクから守ってもらえます。

自転車事故は時に重大事故につがなるリスクも潜んでいます。通勤・通学でよく自転車を運転されるご家族がいる方には心強い補償内容なのではないでしょうか。

24時間365日の事故対応

AIG損保の24時間365日事故「受付」ではなく、24時間365日の事故「対応」です。深夜や休日は事故受付だけで、初期対応は翌営業日から、ということもありません。代車やレッカー車の手配はもちろん、病院や修理工場の手配、相手方への連絡なども速やかに進めてもらえます。AIG損保は本当の意味での24時間365日事故受付を行っている損保です。

1事故1担当制での事故対応

事故発生から保険金の支払いまでの対応は、原則1人の担当者が専任で行ってくれます。一貫したサポートが受けられるため、たらい回しにされ話が通じないという心配が少ないです。

充実の修理工場ネットワーク

AIG損保が提携している修理業社で以下のサービスが受けられます。

項目 内容
代車無料サービス 修理期間中は代車を無料で使えます。
修理内容に永久証明書を発行 万が一修理箇所に不具合が生じた場合は永久証明書の内容にしたがって無料で修理してもらえます。
契約車両の引き取り・納車無料サービス 修理完了後は指定の場所まで車を届けてもらえます。
修理費割引サービス 保険金を利用しないで修理する場合は修理代を割引してもらえる場合があります。

補償内容を選べるロードサービス

ロードサービスの内容は必要な分までを契約者自身が選ぶことができます。不要なものは特約をつけないことで保険料を抑えることも可能です。

サービス 内容 ロードレスキュー ロードレスキューミニ
レッカー・搬送業社の手配 契約車両を搬送するレッカー・搬送業者や落輪したご契約のお車をクレーン等で引き上げる業者を手配してもらえます。
現場応急対応 ・バッテリー上がり(年1回)
・パンク(スペアタイヤ交換)
・鍵閉じ込み(シリンダーキーの場合)
・ガス欠(燃料10ℓ限度、年1回)
・オイル・冷却水補充(3千円限度)
・30分程度の応急修理
修理後車両運搬業者の手配 「レッカー・搬送業者などの手配」を利用してご契約のお車を修理工場へ搬送し、修理完了後にご契約のお車を引き取る場合、運搬業者を手配してもらえます。 ×
臨時帰宅手段・宿泊施設のご案内 レッカー・車両搬送により、臨時に帰宅・宿泊が必要となった場合に、帰宅手段・宿泊施設を案内してもらえます。また、臨時で発生した帰宅・宿泊費用も負担してもらえます。 ×

※ロードレスキューは〈車両搬送費用特約〉〈車両搬送時諸費用特約〉を付帯している方が利用できます。
※ロードレスキューミニは〈車両搬送費用特約〉を付帯している方が利用できます。
※JAFに加入されている方はさらに補償範囲が拡大されます。詳しくはこちらのページからご確認ください。

自転車搬送サービス

対象自転車が事故やパンク、故障により自力走行不能になった場合、指定場所(20km上限)ま無料で搬送してもらえます(※家庭用総合自動車保険に加入し、ベリエストミューズ、ベリエストBセットを利用している人のみ対象)。

緊急アシストサービス

事故や故障で自力走行が不能となった場合、以下の業者を損保から紹介してもらえます。

  • レンタカー・タクシー
  • 福祉タクシー・介護タクシー
  • ホテル
  • 修理工場
  • お車搬送業者
  • 24時間営業のガソリンスタンド

AIG損保の自動車保険の見積もりはどこでとる?

AIG損保の自動車保険の見積もりですが、現在公式ページでの試算シミュレーションは用意されていませんでした。なので、見積もりをとりたい場合は取り扱いのある代理店、もしくは一括見積もりサービスを使うことが選択肢となります。契約を前提に見積もりを取る方は代理店での見積もり、まずは試算だけしてみたいという方は一括見積もりのほうがお勧めです。

特にAIG損保のような代理店型の自動車保険はどうしても保険料の高さがネックとなるので、一度他社と保険料を見比べてみることをお勧めします。一括見積もりであれば他社との保険料比較もやりやすいので便利です。5分程度の入力で済み、電話営業がかかってくるようなこともありません。比較検討している段階の方や、ネットから手軽に見積もりを取りたい方は一括見積もりを利用してみましょう。

\ 安い自動車保険を探すなら、一括見積もりでまず比較! /
AIG損保の自動車保険を含む
一括見積もりはこちら

AIG損保の自動車保険の特約

AIG損保には様々な特約が用意されており、より手厚い補償を希望する場合はカスタマイズが可能です。

主な特約は以下の通り。

特約 セット 内容
他車運転特約 自動セット 他人の車を運転中に起こした事故について、自分の保険を使うことができる特約。
相手車全損時臨時費用特約 オプション 契約車両での対物事故により相手自動車が全損となった場合に、相手自動車の時価額を超える部分について被保険者が負担する費用、または相手自動車の損害に対して被保険者が臨時に必要とする費用のいずれか高い方を負担してもらえます。※最大でも50万円の限度額あり
弁護士費用特約 オプション 交通事故で相手に弁護士を通じて損害賠償をする場合、かかる弁護士費用を負担してもらえます。AIG損保では自動車以外の事故でも利用できる「被害事故(ワイド)プラン」も用意されています。ひとつの特約で記名被保険者の家族全員がカバーできます。
人身傷害諸費用特約 オプション
オプション 人身傷害保険で補償の対象となる事故により、被保険者が3日以上入院した場合に、以下のサービスを提供してもらえるか、またはその費用を支払ってもらえます。
人身傷害保険で補償の対象となる事故により、被保険者が3日以上入院した場合に、以下のサービスを提供してもらえるか、またはその費用を支払ってもらえます。
・ホームヘルパー派遣(1日あたり25,000円まで)
・介護ヘルパー派遣(1日あたり25,000円まで)
・ベビーシッター派遣(1日あたり25,000円まで)
・ペットシッター(1日あたり25,000円まで)
・家庭教師派遣(1日あたり15,000円まで)
・メンタルへする(50,000円まで)
・自動車教習所講習(50,000まで)
介護費用特約 オプション 人身傷害保険で補償の対象となる事故により、被保険者が約款に定める後遺障害(第1級~第9級の後遺障害)を被り、かつ、約款に定める要介護状態となった場合に、保険金を支払ってもらえます。
福祉機器等取得費用特約 オプション 人身傷害保険で補償の対象となる事故により、被保険者が約款に定める後遺障害(第1級~第3級の後遺障害)を被り、かつ、社会経済活動への参加のために福祉機器などの取得を必要とすると弊社が認めた場合に、保険金を支払ってもらえます。
車両搬送費用特約 オプション(車両保険付帯の場合は自動セット) 契約車両が自動車事故、故障または落輪により自力走行不能となった場合に負担した次の費用について保険金を支払ってもらえます。
・ご契約のお車を事故・故障現場から修理工場などへ搬送するための費用
・落輪したご契約のお車をクレーンなどで引き上げる費用
車両搬送時諸費用特約 オプション 契約車両が自動車事故または故障により自力走行不能となり、修理工場などへ搬送された場合に、被保険者が負担した次の費用について上限額を限度に保険金をお支払いします
・車両運搬・引き取り費用
・臨時宿泊費用
・臨時帰宅・移動費用
車両新価特約 オプション 車両保険で補償の対象となる事故により、契約車両が次のいずれかの損害が生じた場合で、かつ、事故日の翌日から90日以内に代替自動車を取得または修理したときに、実際にかかる代替自動車の取得費用(車両本体価格+付属品+消費税)または修理費について、協定新価保険金額※を限度に車両保険金として支払ってもらえます。
・修理できない場合、または修理費が協定保険価額以上となる場合
・ 修理費が協定新価保険価額の50%以上となる場合(ただし、ご契約のお車の内外装・外板部品以外の部分に著しい損傷が生じている場合に限る)。
車両臨時費用特約 オプション 車両保険で補償の対象となる事故により、契約車両が全損となった場合、または分損で損害の額が50万円以上となった場合に、最大30万円を限度に保険金を支払ってもらえます。
地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約 オプション 地震・噴火またはこれらによる津波によって、契約車両が全損となった場合、最大50万円を限度に保険金を支払ってもらえます。
携行品特約 オプション 日本国内外を問わず外出先での偶然な事故により、被保険者の所有する携行品に損害が生じた場合に、保険金を支払ってもらえます。1つのものに対して10万円が限度。年間を通して30万円が限度額となります(スマホ・自転車・メガネ・携帯ゲーム機など一部補償が受けられないものもあり)。
日常生活賠償責任特約 オプション 日本国内において次の事故に起因して、他人を死傷させること、他人の財物に損害を与えること、または線路に立ち入り電車等を運行不能にさせることにより、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担した場合に損害分に対して補償が受けられます。ひとつの特約で記名被保険者の家族の分までカバーされます。
・記名被保険者が居住に使用する住宅(敷地内の動産および不動産を含みます)の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
・ 被保険者の日常生活に起因する偶然な事故
ファミリーバイク特約 オプション 原動機付自転車を使用中に起こした事故で発生した賠償責任やケガについて補償が受けられます。
車両搬送後レンタカー費用特約 オプション 盗難・事故・故障によって車が自走不能となった場合、修理期間中のレンタカー代を補償してもらえる特約。保険金額は、1日5000円、7000円、10000円、15000円、20000円から選べます。

その他の特約についてはこちらのパンフレットからご確認ください。

AIG損保の自動車保険の割引

AIG損保で用意されている割引は以下の通りです。

割引 割引率 内容
長期優良契約割引 3% ノンフリート等級が20等級で事故有係数適用期間が0年のノンフリート契約であり、
ノンフリート等級が20等級で事故有係数適用期間が0年のノンフリート契約であり、
・ご契約の前契約のノンフリート等級が20等級であること。
・ご契約の前契約で3等級ダウン事故および1等級ダウン事故のいずれも発生していないこと
で受けられる割引
ノンフリート多数割引 3〜7% ひとつの保険証券で2台以上をまとめて契約すると受けられる割引
新車割引 契約車両の用途車種、割引対象となる補償項目、ノンフリート等級などにより異なる 保険期間の開始日の属する月が初度登録年月(自家用軽四輪乗用車の場合は初度検査年月)の翌月から起算して49か月以内である場合に受けられる割引。
ASV割引 9% 契約車両にAEB装置(衝突被害軽減ブレーキ)がついており、かつ車の型式の発売日が、保険期間の開始日の属する年から3を減算した年の4月1日以降である場合に受けられる割引。
障害者割引 10% 以下いずれかの条件で受けられる割引。
・記名被保険者が個人であり、かつ、記名被保険者、その配偶者または記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族に障害者に該当する方が1名以上存在すること。
・記名被保険者が「社会福祉法に基づく社会福祉法人」または「社会福祉法に基づく都道府県知事等の許可または届出により社会福祉事業を経営する方」のいずれかに該当する障害者福祉施設等の運営者であること。
福祉車両割引 3% 契約車両が福祉車両である場合に受けられる割引。
ハイブリッド・電気自動車割引 3% 契約車両が「ハイブリッド車」または「電気自動車」であり、 保険期間の開始日※3の属する月が初度登録年月(自家用軽四輪乗用車の場合は初度検査年月)の翌月から起算して13か月以内
である場合に受けられる割引。

AIG損保の自動車保険のパッケージ商品

AIG損保には〈ベスエスト〉〈ミューズ〉〈ベリエストミューズ〉というパッケージ商品が用意されています。

ベリエスト

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害保険
  • 相手車全損時臨時費用特約
  • 車両輸送費用特約
  • 車両輸送時諸費用特約

がセットされます。事故発生時の補償が手厚くセットされています。
また、ベエストAとベリストBに分かれており、Aは介護費用特約と福祉機器等取得費用特約、Bは携行品特約、日常生活賠償責任特約が付帯されます。

ミューズ

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害保険
  • 人身傷害諸費用特約

がセットされます。こちらは自分の怪我に強い内容となっています。

ベリエストミューズ

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害保険
  • 人身傷害諸費用特約
  • 相手車全損時臨時費用特約
  • 車両輸送費用特約
  • 車両輸送時諸費用特約

がセットされます。ベリエストに人身傷害諸費用特約がセットされた形なので、事故発生時はもちろん自分のケガにも強い補償内容となっています。

また、それぞれのパッケージによって付加サービスの提供範囲も異なります。

○:利用可能
×:利用不可
△:オプション

サービス名 内容 ベリエストミューズ ベリエスト ミューズ
事故現場「電話代理対応」 対人・対物事故の場合、損保スタッフに相手との電話を任せられるサービス ×
安心コール 対人・対物・人身傷害事故の際、事故受付完了から1時間以内に初期対応状況を知らせてもらえます。 ×
ロードレスキュー 事故・故障などで契約車両が自力走行不能となった場合にロードサービスのサポートが受けられます。
モバイルサービス スマートフォン・携帯電話で『GPS事故報告・ロードレスキュー・ロードレスキューミニ』『Webによる事故報告』などのメニューが利用できるようになります。 ×
事故時ご自宅訪問 対人・対物・人身傷害事故の際に、ご希望に応じて事故受付完了から48時間以内に担当スタッフがご自宅へ訪問してくれ、事故解決までの手続や相手の方への対応方法などのアドバイスが受けられます。 ×
アフターケアコンシェルジュ 人身傷害保険で補償の対象となる事故により、被保険者が3日以上入院された場合、介護サービスなどの紹介が受けられます。 ×
ロボケアサービス with 「HAL」 契約車両に乗車中の交通事故により、脊髄損傷等で自立歩行が困難となる後遺障害を被った場合に、ロボケアセンターによる「HAL FIT®」トレーニング(最大10回分)を提供してもらえます。
電話でできる法律相談 「弁護士費用等特約」の保険金支払対象となる事故により、本人またはご家族の方が被害(人身・財物損害)を被った場合に、相手の方への損害賠償請求に関する相談を弁護士に電話で行えます(日常生活上の法律問題についてもご相談が可能)。 ×
日弁連弁護士紹介(もらい事故サポート) 「弁護士費用等特約」の保険金支払対象となる事故により損害を被り、相手の方に対する損害賠償請求や法的手続の委任を弁護士に依頼する場合、ご希望に応じて「日本弁護士連合会(日弁連)」を通じて各都道府県の弁護士をご紹介してもらえます。
健康・介護電話相談 夜間の急病や応急処置など、医療や介護に関する相談に電話で応じてもらえます。 ×
自転車搬送サービス サービスの対象となる自転車が自力走行不能となった場合、自力走行不能となった場所から利用対象者の指定する場所まで、距離20km(実搬送距離)を限度として無料で搬送してもらえます。 × ×

AIG損保の自動車保険に加入する前の注意点

ロードサービスが自動セットではない

AIG損保の補償内容は手厚く、概ね問題ないと思われますが、ロードサービスが自動セットではなく特約によるオプションであることには注意してください。車両保険を付帯する場合は、レッカーや応急処置までは自動セットですが、宿泊費や帰宅費用の補償は特約によるオプション補償となります。

ただし、JAFに加入している場合はこの限りではありません。むしろ補償の重複が発生しないため合理的な保険料を実現できると考えることもできます。

個人向けのドラレコ特約はなし

AIG損保には4メガ損保で用意されているようなドラレコ特約は個人向けには用意されていません。高性能ドラレコによる映像記録、また事故発生時に衝撃を感知して自動でセンターと通話開始する機能を実装している損保もあるため、手厚い補償にしたいと考えている人に人気の特約です。どうしてもドラレコ特約を希望している方は4メガ損保の自動車保険に加入するか、自前でドライブレコーダーなどを導入しましょう。

AIG損保の自動車保険についてよくある質問

Qクレジットカードは使えますか?
A保険料の支払いにクレジットカードの支払いが可能です。使えるカードの種類は代理店によりますので、各代理店に確認してください。
Q振込口座を変更したい場合はどうしたらいいですか?
A振込口座を変更したい旨を代理店に相談してください。振込口座変更用紙をもらえるので、必要事項に記入し提出すれば手続き完了です。
Q新しく車を買い替えた場合の車両入替手続きはどうすればいいですか?
A代理店またはAIG損保に連絡してください。その際、新しい車の車検証が必要です。車両入替手続きが終わらないと、新しい車で起こした事故は補償されない場合もあるので、速やかに手続きを終わらせましょう。
Q早期割引はありますか?
A調査したところ、AIG損保には早期割引はありませんでした。
Q中断証明書はどこで発行してもらえばいいですか?
A代理店またはAIG損保に連絡してください。解約手続きと一緒に手続きをしてもらえます。
Q利用区分で通勤になる場合はどんな時ですか?
A年間を通じて、平均月15日以上運転する場合は通勤の区分になります。それ以下は日常・レジャー使用の区分になります。
Q途中解約する場合はどうすればいいですか?
A加入した代理店に連絡してください。解約手続きに必要な書面がもらえます。
Q齢条件の区分はどうなっていますか?また、年齢制限はありますか?
AAIG損保の場合、年齢問わず・21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上で区分されています。年齢制限はありません。
Qネット契約はできますか?
AAIG損保との直接契約はできず、必ず代理店を通す形となっていますのでネット契約はできません。最寄りの代理店で申し込んでください。
Q口座振替の引き落とし日はいつですか?
A27日です。土日祝日にあたる場合は、翌営業日が引き落とし日になります。
Q法人は加入できますか?
A法人向けの自動車保険AAI(一般総合自動車保険)が用意されているので、加入可能です。
Qゴールド免許割引はありますか?
A割引制度はありませんが、保険料算定の要素に含まれているため、結果的に保険料が安くなります。

まとめ

まとめ
  • AIG損保の自動車保険〈AAP〉はアメリカ外資系の代理店自動車保険。手厚い補償内容が強みとなる。
  • 口コミでは事故対応がスムーズという良い口コミがある一方で、保険料が高い、手続きが遅いという口コミも見られた。
  • すべての契約に自動セットで自転車事故の補償までついてくるのが特徴。家族全員をカバーできるため、通勤・通学で自転車を多く使う家族がいる家庭には心強い。
  • 特約の種類も豊富で、自分好みにカスタマイズしやすい。より手厚い補償を望んでいる人にはお勧めできる保険である。
  • ロードサービスがオプションになっていること、代理店自動車保険を展開している4メガ損保と違い個人向けのドラレコ特約がないことは注意点。加入前に必要かどうか検討しておく必要性あり。

AIG損保は保険の内容が手厚く、価格よりもサービス内容重視の方にお勧めできる保険です。加入は代理店を通して行うため、お近くの代理店で手続きを行ってください。

ただし、代理店型自動車保険はどうしても保険料がネックとなりますので、一度試算してみることをお勧めします。公式ページでは見積もりサービスがないため、代理店で見積もりをとるか、または一括見積もりを利用しましょう。保険料の面に納得できれば、次の機会に加入を検討してみてはいかがでしょうか。

\ 自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!/


私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!
最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!

\ 愛車の一番高い査定額、知りたくない? /


車を売るなら一括査定でまず比較!
愛車を売るなら、一括査定で最高額を確認しましょう。査定額は業者によって大きく違います。中には15万円以上も差がつくことも。たったひと手間で10万円以上の損をしないためにも、一括査定で高く売れる業者を見つけましょう!

\ 90秒で終わるカンタン入力!一番高い査定額がすぐわかる!/
【無料】車の一括査定はこちら