自動車保険

他人の車を運転する時に使うドライバー保険、1日自動車保険と何が違う?

友人・知人、はたまた仕事の付き合いで他人の車を運転しなければならないケースも少なくないのではないでしょうか。そんな時に役立つのが「ドライバー保険」です。対人・対物・傷害保険を基本とし、他人の車で事故を起こしたとしてもこの保険から補償を受けることができます。

また、ドライバー保険と似たような保険に1日自動車保険というものもあります。いったいどのような違いがあるのか、また使い分けはどうしたらいいのか、今回はドライバー保険について詳しくお伝えします。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

他人の車を運転する時に役立つ「ドライバー保険」とは?

ドライバー保険とは自分の車を持たず、他人の車を運転する人向けに作られた保険です。

もし事故で他人の自動車保険を使ってしまっては等級を上げてしまうことになります。事故を起こしたことと保険を使ったことの二重の迷惑をかけたくない、そんな思いに応えてくれるのがこの保険です。

ドライバー保険があれば自分の保険を使えばいいだけなので、事故を起こしても他人の等級を上げてしまうような心配がいりません。友人の車を借りてよくドライブに出かけるようであればぴったりな保険と言えるでしょう。

ドライバー保険には「車両保険」は含まれない

対人保険、対物保険、傷害保険の補償を受けることはできますが、車を破損させた場合の補償は受けられません。車の修理が必要になるような事故を起こせば自腹で修理費を負担するか他人の保険を使うことになるかもしれないので十分にご注意ください。運転する頻度が少ない、または車両保険をつけたいようであれば後述する「1日自動車保険」を利用するほうがいいでしょう。

ロードサービスや事故対応は普通の保険と同じ

事故を起こした場合の事故対応やロードサービスは普通の保険と同じように受けられます。

自転車事故でも保険適用される保険会社も

三井ダイレクトでは自転車事故にも対応した「自転車運転者損害賠償責任補償特約」が自動セットされています。自転車と歩行者がぶつかるような事故はあとをたちません。しかし自転車には自賠責保険がついていないことや、自転車保険への加入者がそもそも少ないことなどから、高額な賠償金を自腹で支払っているケースもあります。このようなケースに対応できることもドライバー保険メリットといえるでしょう。

保険対象となる車種は?

保険金支払いの対象となる車種は以下の通りです。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用普通貨物車(0.5トン超2トン以下)
  • 特殊用途自動車(キャンピング車)
  • 二輪自動車
  • 原動機付自動車

保険料はどれぐらいかかるのか?

損保ジャパンの場合、6等級で新規加入すると以下の保険料となります。参考にしてください。

ご契約プラン 補償内容 保険料
21歳未満 21歳以上
基本プラン
  • 対人賠償 無制限
  • 対物賠償 無制限(自己負担額なし)
  • 人身傷害 3,000万円(入通院定額給付金対象外)
55,710円 31,440円
おすすめプラン
  • 対人賠償 無制限
  • 対物賠償 無制限(自己負担額なし)
  • 人身傷害 3,000万円(入通院定額給付金10万円)
  • 人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約(1,000万円)
60,320円 34,720円

引用:損保ジャパン公式サイト

1日自動車保険と何が違うのか?

ドライバー保険と似たような保険に「1日自動車保険」があります。どちらも他人の車を運転するためにある保険ということは共通です。しかし両者を比較すると以下のような違いが見られます。

1日自動車保険 ドライバー保険
加入期間 24時間から72時間まで 原則1年間から
保険料 500円〜 数万円〜
車両保険 付帯可能 付帯不可

現実には他人の車を運転する時は1日自動車保険を利用するほうが主流か

自分の車を持っておらず、他人の車を運転する際は1日自動車保険を活用するほうが現実的でしょう。そもそも他人の車を運転する機会は年にそう何度もないはずです。1日自動車保険は車両保険なしであれば500円から、車両保険をつけたとしても1,500円程度で利用できるため、ドライバー保険を使うよりもよほど経済的です。しかもドライバー保険には車両保険にあたるものがないので、車の修理代と等級アップと二重に迷惑をかけてしまう恐れがあります。こうした点を加味すると、ドライバー保険よりは1日自動車保険の活用をまず第一に考えたほうが望ましいといえるでしょう。

【1日自動車保険を比較】コンビニ決済・即日加入できる便利な保険1日自動車保険は1日500円〜で利用でき、スマホやコンビニ決済可能な保険です。この記事では、各社の特徴、加入方法、よくある悩みから使った人の感想まで、掲載しています。急に他人の車を運転することになった場合など、ぜひこの記事を参考にしてください。...

ドライバー保険を用意している損保は5社しかない

ドライバー保険はどの保険会社にあるわけでなく、一部の損保でしか用意されていません。以下5つの損保から選ぶことになります。

  • 損保ジャパン
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和
  • 三井ダイレクト

大きな部分に違いはありませんが、特約等に若干の違いがありますので確認してから保険会社を選んだ方がいいでしょう。

ドライバー保険にも等級制度はある

ドライバー保険にも等級制度が設けられており、保険を使わなければ翌年の等級は1つ上がります。逆に保険を使えば3等級ダウン・1等級ダウンすることもあるので、その辺は通常の自動車保険と変わりないと考えてもらって構いません(等級も1〜20まで設定してあります)。

通常の自動車保険との等級引き継ぎは不可

これまで通常の自動車保険で積み上げた等級があったとしても、ドライバー保険を新規契約するなら6等級からのスタートとなります。逆にドライバー保険で積み上げた等級を通常の自動車保険に引き継ぐこともできませんので覚えておきましょう。

自分で車を持っている人は「他車運転危険補償特約」を利用する

自分の車を持っているけど他人の車を運転しなければならない、そんな場合は「他車運転危険補償特約」を使うことになります。この特約は他人の車を運転している時も自分の車に設定している補償内容を適用できるという特約です。もちろん車両保険を付帯していればそのまま補償を適用させることもできます。わざわざドライバー保険に加入する必要はありませんで、そちらを利用するようにしましょう。

他車運転危険補償特約でカバーできる範囲と保険が使える条件について他車運転危険補償特約でカバーできる範囲と保険が使える条件についてご紹介します。自分と家族以外の車をひとつの特約で幅広くカバーします。事故の際は自分の車の保険プランがそのまま適用されます。特約が使えるケース使えないケース、等級ダウン、1日自動車保険とどっちがお得かわかります。...

【ドライバー保険のデメリット】車両保険がつかないことが最大のネックか

ドライバー保険を使いたいと思っても、車両保険がないことを理由に加入をやめた人も多いと思います。ドライバー保険の本来的な意味は他人の車で発生した賠償責任から身を守ることではありますが、他人に迷惑をかけたくないから加入するという意味合いも大きいはずです。しかし車両保険がなければ借りた車を傷つけてしまった場合、高い修理費をこちらで負担しなければなりません。また相手に車両保険を使わせてしまったらかなりの迷惑をかけてしまいます。こうした点を考えると車両保険を付帯できないことはドライバー保険の最大のネックと言わざるをえないでしょう。

まとめ

まとめ
  • ドライバー保険は他人の車を運転する時のための保険。対人・対物・傷害保険を基本補償としている。
  • 車両保険が付帯できないことは大きなネック。この点はよく理解した上で利用しなければならない。車の損害が発生したら自腹を切るか、他人の保険を使って直すしかないため迷惑をかける可能性が高い。
  • 他人の車を使う時の保険には1日自動車保険もある。こちらは24時間から加入可能で、車両保険もつけられる。現実的には1日自動車保険を使うことを基本線に考える。
  • 自分の車を持っていれば「他車運転危険補償特約」をつければ他人の車を運転しても補償が受けられる。自分の車についている補償をそのまま受けられる仕組みになっているので、車両保険を付帯していれば車の損害時にも安心。

1日自動車保険がある今では、ドライバー保険を使うケースはかなり稀かもしれません。しかしながら年間に数ヶ月以上も他人の車を運転するのであればドライバー保険を利用することになるでしょう。この場合は車両保険がつかないことはよく理解して利用する必要があります。相手がその辺を理解していないようであれば事前に説明をしておいたほうがのちのトラブルを避けられます。ひとつの事故で大きな金額が動く自動車ですから、事故が起きたリスクをよく考え、安全に車を利用することが大切です。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!