自動車保険

他車運転危険補償特約でカバーできる範囲と保険が使える条件について

旅行やレジャー、または付き合いなどで他人の車を運転するケースがあるかもしれません。その時の保険について不安になるかもしれませんが、基本的には自分の保険に自動付帯されている「他車運転危険補償特約」でカバーすることができます。

自分が組んでいる保険と全く同じ補償が受けられるため、手厚い保険をかけているのであれば他人の車でも安心して運転できるでしょう。また、持ち主の保険を使う必要もなくなるため、保険を使って迷惑をかけることもありません。

ただ、特約がつかえる条件はそれなりに限定されているので、使えるケースと使えないケースをしっかり把握した上で運転することが求められます。

今回は他車運転危険補償特約について詳しく掘り下げていきます。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

他人の車を運転する際に便利な「他車運転危険補償特約」とは?

「他人の車を運転することになった」こんなケースがあるかと思います。もし事故を起こしてしまったら賠償責任が発生するだけでなく、所有者の保険を使うことになるため、持ち主にも迷惑をかけてしまいます。

そんなケースを想定したのが「他車運転危険補償特約」です。

この特約があれば他人の車で事故を起こしたとしても、自分の保険から補償を受けられます。例えば、友人や親戚の車、またはレンタカーなどです。

保険があるため事故の賠償に備えられるのはもちろん、持ち主の保険を使わなくて済むので迷惑をかけずに済みます。借りる側としては安心して運転できるのがメリットです。

自分と家族以外の車を幅広くカバー

この特約で適用となる車は、簡単に言うと自分または家族が所有する車以外を指します。

正確に言うと、以下の人たちが所有する車を除外したものです。

  • 記名被保険者
  • 配偶者
  • 同居親族
  • 別居の未婚の子

ただし、自家用8車種に限られるため、バイクや原付は対象外となるのでご注意を。

ひとつの特約で家族を幅広くカバー

この特約はひとつの保険で家族まで幅広くカバーできます。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  • 記名被保険者の業務(家事は除く)に従事中の使用人

例えば自分の子供が友人の車で事故を起こしたケースでも適用可能です。

補償はあくまでも「一時的に使用」の車に限定

補償が受けられるのは、あくまでも一時的に使用した車だけです。日常的に使っている車には特約は使えません(例:他人名義のまま譲ってもらった車など)。

事故の際は自分の車の保険プランがそのまま適用

実際にどのような補償が受けられるかというと、事故の際は自分の車の保険プランがそのまま適用されます。

例えば対物・対人を無制限に設定していれば、事故の際も限度なく損害に応じて補償が受けられます。注意しなければいけないのは、つけていない保険は使えないこと。例えば節約の観点から車両保険を外していれば事故で車を破損させたとしても補償がおりません。何が補償されて何がされないのか、車を借りる際はしっかりと把握することが求められます。

【ケース別】特約が使えるケースと使えないケース

どんな時に使え、どんな時に使えないのか、もう一度整理してみましょう。よくあるケース別にまとめてみました。

家族の車を運転する場合

家族の車を運転する場合は対象外です。このような場合は他車運転危険特約ではなく、運転者の範囲や年齢条件などで調整するのが通常です。

例えば、同居の子供が運転するのに、運転者の範囲を本人限定にするのはNG。範囲は正しく設定するようにしましょう。

会社の車を運転する場合

業務中に事故を起こした場合は対象外です。ただ、会社の車をプライベートな用事で使用していた場合はOKという線引きがあります。

事故を起こした場合は、会社の車の保険に頼るしかありません。運転する際は、必ず保険内容を確認した上で運転するようにしてください。

レンタカーを運転する場合

レンタカーを運転する場合は適用の対象です。

レンタカーにはもともと保険がついていますが、例えば人身傷害保険の限度額が3,000万円だったり、足りない部分が出てくる可能性もあります。そんな時にこの特約を使うことで不足分を回収することができるというわけです。

修理中に代車を使う場合

代車も他車運転危険補償特約の適用対象です。修理や車検で車を預けることがあると思いますが、その際の事故もこの特約でカバーできます。

同じシチュエーションで使える特約には「臨時代替車自動車特約」というものもあります。

特約を使うと等級は下がるのか?

特約を使うと自分の保険を使うことになるわけですので、等級は下がります。カウント方法は自分の保険と全く一緒です。通常は3等級ダウン、場合によっては1等級ダウンで済むものもあります。軽微な損傷の場合は自腹を切ったほうが得なケースもあるので、保険料との兼ね合いを見て判断するようにしましょう。

1日自動車保険とどっちがお得か?

他人の車を運転する時に便利な保険に1日自動車保険というものがあります。

1日500円から、車両保険をつけても1800円程度で保険をかけられる使い勝手のいい保険です。

自分の車の補償が薄い場合はアリ

ここでどちらの保険を使うべきか悩むと思いますが、自分の補償が薄いのであれば1日自動車保険を使うという選択肢はアリでしょう。

例えば車両保険をつけていない場合。節約の関係から車両保険をつけていない人も多いはずです。その状態のまま他車運転危険補償特約をつかっても車の損傷については保険がききません。だったら1日自動車保険を使って車両保険をつけて、安心できる状態で車を運転するほうが精神的にもメリットが大きいです。

ただし、もともとの補償が手厚いようであれば他車運転危険補償特約に頼ってOKです。もともと自動付帯でついている特約ですので、いいかえれば保険料を払ってつけている特約ということ。この特約で済む話であるのなら、こちらを優先的につかったほうが無駄な出費は抑えられるはずです。

まとめ

まとめ
  • 「他車運転危険補償特約」とは、他人の車で自分の保険が使えるようになる特約。賠償に備えられる他、持ち主の保険を使わなくていいので迷惑がかからない
  • ひとつの特約で家族全体を幅広くカバーする。ただし自動付帯なので重複があっても外すことは不可。
  • 受けられる補償は自分が組んでいるプランと全く同じ。
  • 家族の車や会社の車での業務中の事故は対象外。使えると思っていたなら注意が必要。
  • 特約を使えば等級はダウン。カウント方法も自分の保険と同じ。
  • 自分の保険が薄い人は1日自動車保険という選択肢もあり。

自動付帯の特約のため、ほとんどの人がこの特約を使えるはずです。他人の車を運転する際は、ぜひこの特約があることを覚えておいてください。ただし、補償適用外のものもあるので、補償されるケースとされないケースはしっかりと頭に叩き込んでから借りるようにしましょう。もし補償が効かないなんてなったら大変です。保険の知識もしっかりと身につけ、安心・安全のカーライフを楽しんでください。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!