自動車保険会社の口コミ・評判

イーデザイン損保の自動車保険は安い?口コミ評判と保険料相場を紹介

イーデザイン損保の自動車保険は、東京海上グループのダイレクト型自動車保険です。
インターネット経由で申し込める手軽さでありながら、安心の事故対応や補償内容を誇る商品です。事故対応満足度は93.6%の高得点を記録しており、外部調査機関からの評価も高いです。

では、具体的にはどのような部分が評価されているのでしょうか。また、気になる保険料相場についても他社と比較しながら解説します。

\ 自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!/


\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

イーデザイン損保の自動車保険は本当に安いのか?

ダイレクト型自動車保険は一般的に保険料が安いですが、イーデザイン損保はどうでしょうか。
他社のダイレクト型および代理店型自動車保険と比較しました。

結論から言うと、代理店型よりは安いものの、ダイレクト型の中では高めの水準にあります。
この理由のひとつとして、後ほど詳しく解説する通り、「弁護士費用等保険」がすべての契約に基本付帯されていることが考えられます。
また、保険料は走った分だけであったり、20等級でも無事故なら保険料が割り引かれたりと、条件によってはさらに安くなる可能性があります。

条件

車両情報:通勤・通学使用 / 年間走行距離:10,000㎞以下
運転者情報:30歳 / 東京都 / ブルー免許
補償内容:対人:無制限 / 対物:無制限 / 人身傷害補償:3,000万円 / 搭乗者傷害:なし /特約:なし

プリウス(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 372,720円 123,720円 84,730円 57,520円
損保ジャパン 275,190円 132,940円 84,390円 59,300円
三井住友 127,970円 79,870円 57,560円
あいおいニッセイ同和 368,340円 126,410円 79,020円 57,760円
ソニー損保 115,110円 75,660円 48,810円
SBI損保 276,190円 86,010円 51,570円 38,230円
アクサダイレクト 500,010円 97,270円 51,130円 39,510円
イーデザイン損保 477,520円 125,310円 69,550円 47,090円
チューリッヒ 627,070円 93,210円 62,840円 42,680円
三井ダイレクト 344,660円 100,930円 59,510円 44,570円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 92,120円 51,430円 34,690円
アクア(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 450,490円 153,740円 106,440円 73,550円
損保ジャパン 332,550円 160,430円 101,510円 71,160円
三井住友 154,190円 95,680円 68,570円
あいおいニッセイ同和 454,190円 157,170円 93,690円 71,270円
ソニー損保 138,380円 80,900円 58,620円
SBI損保 347,870円 108,010円 64,440円 47,750円
アクサダイレクト 604,050円 116,720円 65,220円 45,550円
イーデザイン損保 577,560円 101,730円 71,520円 48,220円
チューリッヒ 750,830円 127,190円 86,280円 59,070円
三井ダイレクト 416,630円 122,690円 70,340円 53,940円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 109,620円 60,380円 41,290円
ヴォクシー(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 450,490円 153,740円 106,440円 73,550円
損保ジャパン 332,550円 160,430円 101,510円 71,160円
三井住友 154,190円 95,680円 68,570円
あいおいニッセイ同和 454,190円 157,170円 93,690円 71,270円
ソニー損保 138,380円 80,900円 58,620円
SBI損保 347,870円 108,010円 64,440円 47,750円
アクサダイレクト 604,050円 116,720円 65,220円 45,550円
イーデザイン損保 577,560円 101,730円 71,520円 48,220円
チューリッヒ 750,830円 127,190円 86,280円 59,070円
三井ダイレクト 416,630円 122,690円 70,340円 53,940円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 109,620円 60,380円 41,290円
ベンツCクラスの場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 598,600円 196,760円 133,640円 90,190円
損保ジャパン 454,030円 218,850円 136,650円 95,560円
三井住友 206,850円 127,000円 89,480円
あいおいニッセイ同和 595,780円 204,080円 124,940円 88,930円
ソニー損保 170,920円 95,630円 71,960円
SBI損保 470,160円 138,230円 81,040円 59,900円
アクサダイレクト 711,310 円 144,370 円 67,660 円 50,340 円
イーデザイン損保 763,810円 166,450円 79,290円 61,350円
チューリッヒ 177,610円 103,040円 83,960円
三井ダイレクト 504,520円 167,180円 95,130円 68,760円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 259,440円 86,860円 57,850円
N-BOX(ホンダ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 301,360円 107,590円 72,650円 49,610円
損保ジャパン 239,180円 110,710円 71,880円 51,820円
三井住友 108,190円 66,940円 48,020円
あいおいニッセイ同和 320,940円 108,190円 69,470円 51,060円
ソニー損保 92,380 円 52,460 円 39,350 円
SBI損保 243,910円 76,060円 45,950円 32,680円
アクサダイレクト 377,970円 79,120 円 40,370 円 31,940 円
イーデザイン損保 470,160円 105,500円 52,270円 40,930円
チューリッヒ 482,920円 130,070円 65,380円 47,610円
三井ダイレクト 274,100円 78,260円 48,800円 35,220円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 91,260円 54,610円 35,850円

イーデザイン損保の口コミ評判は?

良い口コミとしては、セコムの事故現場急行サービスなどの事故対応力の高さが評価されています。
悪い口コミとしては、新規加入時や更新時の保険料が高いという内容が目立ちました。

 

良い口コミ

悪い口コミ

外部調査機関の評価

自動車保険のサービス品質を評価している外部調査機関3社(価格コム・オリコン・J.D.パワー)のランキングも調査してみました。どのランキングでも平均から上位のあたりに位置しています。他社と比較しても、高いサービス品質であるといえるでしょう。

価格.com オリコン J.D.パワー
1位 セゾン自動車 ソニー損保 ソニー損保
2位 チューリッヒ 共栄火災 東京海上日動
3位 ソニー損保 東京海上日動 AIG損保
4位 SBI損保 チューリッヒ 損保ジャパン
5位 アクサ損保 セゾン自動車 イーデザイン損保
6位 イーデザイン損保 アクサダイレクト セゾン自動車
7位 三井ダイレクト AIG 三井住友海上
8位 楽天損保 イーデザイン損保 チューリッヒ
9位 AIG損保 日新火災 あいおいニッセイ同和
10位 三井住友海上 東京海上日動 三井ダイレクト
11位 そんぽ24 アクサダイレクト
12位 三井住友海上 SBI損保
13位 三井ダイレクト
14位 SBI損保
15位 あいおいニッセイ同和

※2019年2月最新データ

イーデザイン損保の特徴

イーデザイン損保の特徴として、主に以下が挙げられます。
それぞれについて詳しく解説します。

  • 東京海上グループ網を活かした安心の事故対応
  • 事故発生時のセコム事故現場急行サービス
  • 充実のロードサービス
  • リーズナブルな保険料設定
  • 事故後の不調を相談できるメディカルコールサービス

東京海上グループ網を活かした安心の事故対応

イーデザイン損保は事故対応力に高い評価を得ています。
24時間365日事故受付、その日のうちに初期対応してくれます。また希望すれば、スタッフが事故の相手と話してくれるそうです。肝心の初期対応をプロに任せられるのは安心です。

また専任担当者による事故対応では、東京海上グループの高い技術力と専門性をもって事故解決にあたってくれます。専門的な知識を持った全国約1,500人の損害調査員、高い技術力を持った全国約900ヵ所の提携修理工場、法的相談のできる全国約280人の弁護士など、強力なネットワークを味方につけることができます。

事故発生時のセコム事故現場急行サービス

イーデザイン損保のすべての契約に、セコム事故現場急行サービスが無料で付いています。
24時間365日、セコムの緊急対処員が事故現場に駆け付け、救急車の手配や警察への連絡のほか、レッカーやタクシーの手配などをしてくれます。
また、現場・車両の写真撮影や相手方からのヒアリングを行うなど、事故解決に必要な情報を収集して保険会社(イーデザイン損保)に連携までしてくれます。

事故現場では、誰でも焦り戸惑うものです。追加費用なしでプロが駆けつけてくれるので、とても心強いサービスですね。

充実のロードサービス

イーデザイン損保の自動車保険には、すべての契約にロードサービスが無料でついています。
全国約9,300ヶ所の拠点から、24時間365日駆け付けてくれます。
利用回数に制限はなく、利用しても翌年の等級や保険料には影響ありません。

項目 内容
レッカーサービス イーデザイン損保指定の修理工場までの場合は距離制限なし、利用者指定の修理工場や自宅までの場合は60kmまで無料です。
引き上げ・引き降ろしサービス 落輪したときや縁石に乗り上げてしまったとき、車の引き上げ・引き降ろし作業をしてくれます。
応急対応サービス さまざまなトラブルに対して、現場で対応可能な応急作業をしてくれます。
トラブルに応じて、バッテリーのジャンピング、カギ開け、パンク時のスペアタイヤ交換、各種オイル・冷却水の補充、各種バルブ・ヒューズの取り替え、ボルトの増し締め、サイドブレーキの固着解除などの処置をします。
燃料切れ時ガソリン配達サービス 道路上などでガス欠になったときに、ガソリンまたは軽油10リットルを無料で届けてもらえます。電気自動車の電欠の場合は、最寄りの充電施設などへの搬送となります。
故障相談サービス 車の故障やトラブルが起こったとき、スタッフによるアドバイスを電話で受けられます。ロードサービスを呼ぶほどでもないトラブルでも、気軽に相談できます。
情報提供サービス 知らない土地で事故にあったときなどに、お近くの宿泊先、帰りの交通手段、レンタカー会社やガソリンスタンドなどの情報提供を電話でうけることができます。

リーズナブルな保険料設定

イーデザイン損保の自動車保険はダイレクト型なので保険料は比較的安いですが、条件を満たせばさらに保険料を安くできる割引制度などがあります。

インターネット経由で申し込みをすれば、最大11,000円が割引に。
また保険料は走行距離によって設定されるので、過去1年間に走った距離が短いほど安くなります。
自動車を利用する分によって、事故に遭う確率は変わります。一人ひとりにあわせたリスクに応じた保険料設定ができるので、無駄がないですね。

そしてイーデザイン損保の特徴のひとつに、「無事故割引」があります。
無事故割引は、1年間無事故なら翌年の保険料が2%割引になるというもの。等級制度に加えて適用され、20等級の場合もさらに割引になります。
安全運転を続けてきた人にはうれしいポイントです。

事故後の不調を相談できるメディカルコールサービス

イーデザイン損保の契約のすべてに、メディカルコールサービスが無料でついています。
思わぬケガや病気などのトラブルや、日常生活で身体に不調について専門医や看護師に24時間365日電話・ネットで相談できます。
事故発生にかかわらず利用できるので、とても便利です。
契約2年目以降は、サービス内容をさらに充実させた「専門医相談サービス」も利用することが可能です。

イーデザイン損保で用意されている割引は?

イーデザイン損保には、インターネット割引の他、各種割引が用意されています。
なかでも、20等級でもさらに割引が受けられる「無事故割引」が特徴的です。
新規加入時だけでなく、2年目以降もお得に継続できるのはうれしいポイントです。

項目 内容
インターネット割引 インターネットで契約した場合、保険料を1万円割引します。
早割 保険開始日の45日前までにインターネットで契約した場合、保険料を500円割引します。
証券e割 保険証券を郵送しない場合、保険料を500円割引します。
保険証券の郵送なしでも、契約者ホームページから保険証券をいつでも確認できます。
新車割引 保険開始日の属する月が初度登録年月の翌月から25か月以内である場合、車両保険などの保険料が割引されます。
ASV割引(自動ブレーキ割引) 保険開始日の属する年の3年前の4月以降に型式発売された自家用普通乗用車、自家用小型乗用車および自家用軽四輪乗用車で、自動ブレーキ装置が搭載されている場合、車両保険などの保険料が割引になります。
セカンドカー割引 2台目以降の車の自動車保険を新たに契約する場合、等級が7等級からスタートさせることができます。通常、初めての契約は6等級からなので、通常よりも保険料を安くスタートできます。
無事故割引 1年間無事故の場合に、翌年の保険料が2%割引になります。20等級の場合でも、さらに割引になります。
継続割引 イーデザイン損保で契約2年目以降となる場合、契約年数に応じて保険料が割引になります。
契約を続けるほど、保険料がお得になります。

イーデザイン損保で用意されている特約は?

イーデザイン損保はさまざまなリスクに備えられる特約を用意しています。
なかでも特徴的なのは、他社では任意付帯とされる弁護士費用補償が自動付帯されている点です。もらい事故(利用者の過失割合0%)の場合、この補償がなければ保険会社が相手方と交渉することができません。イーデザイン損保は、すべての契約についてもらい事故における相手方との交渉を補償してくれることになります。

項目 内容
対物超過修理費用特約 事故の際、相手方の車の修理費が時価額を超える場合に、その超過分を補償します。
入院時諸費用特約 人身傷害保険とセットできる特約です。
事故により死亡または3日以上入院した場合に、必要となる諸費用を補償します。
具体的な補償内容:家族駆け付け費用保険金(家族が看護のために病院に赴く時の交通費及び宿泊費)、差額ベッド費用保険金(入院時に普通病室から個室などにグレードアップしたときの差額費用)、入院時ホームヘルパー費用保険金(家事従事者が入院している場合などに、家事を代行するためにホームヘルパーを雇う費用)
育英費用特約 人身傷害保険とセットできる特約です。
事故により親権者となっている扶養者が死亡した場合や重度の後遺障害を負った場合に、子どもの育英費用500万円を受け取れます。子どもの学資金などに充てることができます。
女性のお顔手術費用特約 人身傷害保険とセットできる特約です。
事故により、女性が顔などにケガをして所定の手術をした場合の手術費用を支払います。
車両全損時諸費用特約 車両保険とセットできる特約です。
事故により車が全損となった場合に、廃車や買い替え時の諸費用を補償します。
車両新価特約 車両保険とセットできる特約です。
新車に大きな損害が生じた場合に、再び新車に買い替える費用を補償します。
事故時レンタカー費用特約 車両保険とセットできる特約です。
事故による修理中などで車が使用できない間のレンタカー費用を補償します。
車載身の回り品特約 車両保険とセットできる特約です。
車の室内やトランクなどに積載された身の回り品に損害が生じた場合に、修理費などを補償します。
車にゴルフバックやカメラなどを積んでいる人におすすめです。
ファミリーバイク特約 原動機付自転車を運転中の事故による相手方への賠償などの損害を補償します。
記名被保険者本人と一定の親族までが補償の対象となります。
個人賠償特約 車の事故に限らず、日常生活の事故により、他人を死傷させたり他人の財物を壊したりした場合の損害賠償額を補償します。
記名被保険者本人と一定の親族までが補償の対象となります。
示談交渉はイーデザイン損保の専任担当者や弁護士に任せることができます。
弁護士費用等保険 厳密には特約ではありませんが、イーデザイン損保の契約すべてに弁護士費用補償が自動付帯されています。
これにより、自分に過失のない「もらい事故」の場合でも、損害賠償請求などの交渉を弁護士に任せることができます。
相手方のいる事故の3件に1件がもらい事故だそうなので、この補償があるのは心強いですね。

イーデザイン損保の自動車保険のキャンペーン情報

イーデザイン損保の自動車保険のお得なキャンペーン情報をご紹介します。

NTTグループカードで保険料(3万円以上)を支払うと、もれなく全国のコンビニやファストフード店等で商品と交換できる電子チケットがもらえます。
対象商品は、ケンタッキーフライドチキンのチキンセットや、LAWSONのコーヒー類など、大人も子どももうれしいフード類です。

家族や友人にイーデザイン損保の自動車保険を紹介したときのキャンペーンもあります。
紹介を受けた人が新規に自動車保険の申し込みをした場合に、ハーゲンダッツ3個分の無料チケットが紹介した人・紹介を受けた人それぞれに贈られます。

また契約者限定のキャンペーンとして、新たに2台目以降の自動車保険をイーデザイン損保で契約すると、全国のLAWSONで引き換えできる「ウチカフェ プレミアムロールケーキ」2個分の無料チケットがもらえます。2台目以降1台ごとに対象となります。

まとめ

まとめ
  • 東京海上グループならではの安心の事故対応
  • セコムの事故現場急行サービスで初期対応を任せられる。
  • 事故にかかわらず身体の心配ごとを相談できるメディカルコールサービスが便利。
  • インターネット割引で最大11,000円オフ。
  • 安全運転でメリットを受けられる無事故割引
  • 弁護士費用補償が基本付帯しており、もらい事故も安心補償。
  • お得なキャンペーンでうれしい特典が受けられる。

イーデザイン損保の最大の特長は、東京海上グループのネットワークを活かした事故対応力でしょう。またセコムの事故現場急行サービスや弁護士費用補償の基本付帯などにより、事故現場における利用者をとても丁寧にサポートしてくれます。
さらに、無事故割引やキャンペーンの一部は、イーデザイン損保の契約継続者を対象としたものです。新規加入者だけでなく、契約継続者にもメリットが多いのはうれしいポイントではないでしょうか。
保険料の安さと併せて補償内容の充実さも期待するのなら、イーデザイン損保はおすすめの自動車保険といえます。

ABOUT ME
komarin
komarin
生損保を扱う来店型の保険ショップで、保険コンサルタントを務めていました。 損害保険募集人資格を持っており、自動車保険の取り扱い経験も多数あります。 一社だけでなく複数社の保険を扱っていたのが強みです。 自動車保険はインターネットで契約や更新ができてとても便利ですが、意外と見落としやすいポイントもあります。たくさんの方のご相談を受けてきた経験を活かして、有益な情報発信ができれば思っています。

\ 自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!/


私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!
最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!

\ 愛車の一番高い査定額、知りたくない? /


車を売るなら一括査定でまず比較!
愛車を売るなら、一括査定で最高額を確認しましょう。査定額は業者によって大きく違います。中には15万円以上も差がつくことも。たったひと手間で10万円以上の損をしないためにも、一括査定で高く売れる業者を見つけましょう!

\ 90秒で終わるカンタン入力!一番高い査定額がすぐわかる!/
【無料】車の一括査定はこちら