自動車保険

【改造車の自動車保険】ダイレクト系への加入はNG?違法改造のラインについて

安保険太
安保険太
サポ子さん、改造車ってダイレクト系の自動車保険に入れないって聞いたんだけど本当?
緊急時サポ子
緊急時サポ子
そんなことありませんよ。確かに審査が必要になることはありますし、入れない損保もありますが、多くのダイレクト系損保も改造車の受け入れを行っています。
安保険太
安保険太
えー!そうなんだ。安心した。じゃあ改造車ってどこから改造車になるの?
緊急時サポ子
緊急時サポ子
基本的には公認車検に通った車を改造車と呼びます。車検証に「改」というマークがついているものですね。
安保険太
安保険太
それ以外の改造車はダメってこと?
緊急時サポ子
緊急時サポ子
そもそも公認車検に通っていないと違法改造の可能性もありますし、違法改造車は自動車保険と契約できません。
安保険太
安保険太
そっか〜、じゃあ車を改造したら公認車検は必ず受けておいたほうが良さそうだね。

自分の思い通りにカスタマイズした車。いわゆる「改造車」はダイレクト系の自動車保険に入れないという噂を聞いたことはありませんか?

実は、改造車でも加入を受け入れてくれる損保会社は多数あります。ただし、イーデザイン損保やセゾン自動車火災など、実際に加入できない損保があるのも事実です。

また、自動車保険に加入するには、改造を「適法」の範囲内で行わなければなりません。もし違法改造であるならば加入を断られることはもちろん、法律上公道を走ることすらできませんのでルールとマナーを守ることが大切です。

ここでは、改造車と自動車保険の関係について解説します。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

「改造車はダイレクト系の自動車保険に加入できない」は本当か?

車の改造が好きであれば「改造車はダイレクト系の自動車保険には加入できない」という噂を聞いたことがある人も多いと思います。実際のところ、この噂は本当なのでしょうか?

改造車でも加入できるダイレクト系損保はある!

今回は、ダイレクト系自動車保険の中でも特に人気の高い8社に絞って調査を行いました。

調査したダイレクト系損保会社

  • セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)
  • 三井ダイレクト
  • ソニー損保
  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • チューリッヒ
  • アクサダイレクト
  • そんぽ24
保険会社 加入の可否
セゾン自動車火災 ×
三井ダイレクト
ソニー損保
イーデザイン損保 ×
SBI損保
チューリッヒ
アクサダイレクト
そんぽ24

このように、セゾン自動車火災とイーデザイン損保以外は改造車でも加入できるということがわかりました。

噂はあくまで噂であって、加入できるダイレクト系自動車保険は結構ありましたね。というよりも、思った以上に広い選択肢の中から自動車保険が選べるということがわかりました。

代理店型自動車保険は基本的に加入OK

また、ダイレクト系以外にも代理店型自動車保険、つまり店舗で申し込みを行うタイプもありますが、こちらは基本的に加入を受け付けています。例えば、損保ジャパン、東京海上日動、あいおいニッセイ同和などは公認改造車であれば加入が認められています。

ただし、代理店型はどうしても保険料が高くなってしまうのがネックですので、保険料を抑えたいという場合は上記のダイレクト系自動車保険の中から選ぶのがいいでしょう。

保険料を安くする一括見積もりはこちら!

自動車保険への加入ができるのはあくまでも「公認改造車」のみ

改造車でも加入できる自動車保険は意外にも選択肢が広いということがわかりましたが、覚えておかなければならないことがあります。

それは、自動車保険への加入が許されているのはあくまでも「公認改造車」だということです。

緊急時サポ子
緊急時サポ子
公認改造車とは?

公認改造車とは構造等変更検査(公認車検)をクリアした改造車のことです。車検証には「改」というマークが記されます。

違法改造車は自動車保険への加入がそもそもNG

公認改造車以外の改造車は「道路運送車両法」の違反にあたります。よって「違法改造車」についてはそもそも公道を走ることすら許されません。当然任意保険にも加入できないことになっています。

改造後から車検に通すまでは改造車には該当しない?

車検は2年ごとに行われますが「改造を行ってから次の車検までは黙っていたらバレないのでは?」そんな考えもよぎりますが、これはアウトです。

そもそも、車の改造(構造変更)を行ったら必ず構造等変更検査(公認車検)を受けなければいけません。もしそのままにしておくと最悪の場合法律違反で罰則を食らう可能性もあるので、改造後は速やかに構造等変更検査(公認車検)を行うようにしましょう。

もっとも、車検をやってすぐに車を改造するとまた追加車検という形になるので、できれば車の改造は通常の車検前のタイミングで行うのが効率の良い方法です。

合法改造と違法改造のラインとは?

では、合法改造と違法改造のラインはどうなっているのでしょうか?国土交通省が示す基準を参考に紹介したいと思います。

車の大きさ・重量

3ナンバー車
  • 全長±3cm
  • 全幅±2cm
  • 全高±4cm
  • 重量±100kg
5ナンバー社
  • 全長±3cm
  • 全幅±2cm
  • 全高±4cm
  • 重量±50kgまで

以上が範囲内となっていますので、これを超えないようにするのが原則です。例えば、ウイングパーツやエアロパーツをつける際などには注意しましょう。

灯火類(ライト・ランプ)の色

ポジションランプ(車幅灯・スモールランプ) 白色
※方向指示器、非常点滅表示灯又は側方灯と一体又は兼用のもの及び二輪車用のもの等については、橙色でもよい。平成17年12月31日以前に製作された車両は、白色のほか、淡黄色又は橙色であっても、全ての車幅灯が同一色であればよい。
ヘッドライト(前照灯) 白色
ウィンカー(方向指示器) 橙色
※点滅回数が毎分60回以上120回以下であること。
ブレーキランプ(制動灯) 赤色
番号等(ナンバー灯) 白色
尾灯(テールランプ) 赤色
バックランプ(後退灯) 白色
後部反射器 赤色

運転席・助手席の着色フィルム

可視光線の透過率70%未満の着色フィルムは禁止。

タイヤ・ホイールのはみ出し

車体(フェンダー部分)より回転部分が突出することは禁止。

リヤバンパーの取り外し

リヤバンパーを取り外すことは禁止。

マフラーの切断・取り外し

マフラーを切断・取り外すことは禁止。

前面ガラス等の装飾板

前面ガラスに装飾版を取り付けることは禁止。

速度抑制装置(スピードリミッター)の解除・取り外し

速度抑制装置の解除や取り外しは禁止。

「痛車」は違法改造になるのか?

自分の好きなラッピングを施す車が「痛車」と呼ばれて注目されるようになって随分長いですが、痛車は基本的には違法改造の部類にははいりません。ですので、通常通り自動車保険に加入するこtができます。

ただし、ステッカーをフロントガラスに貼っている、規格外のエアロパーツを使っているなど、違法改造の対象となるものはNGですので注意しましょう。

改造をすると保険料は高くなる?

車を改造したことでベースの保険料より上がる可能性、これは個別のケースによるとしか言えません。改造の程度によって事故リスクが上がると判断されれば当然保険料は上がることになりますし、そうでなければ保険料は上がりません。現に保険料は据え置きだったという方もいます。

一度保険会社に相談してはっきり確認することをお勧めします。

車を改造したら保険会社への申告はいるのか?

車を改造したら、保険会社への申告は絶対です。

まず改造をしたら速やかに「構造等変更検査(公認車検)」を受けましょう。その後、新しい車検証に応じて保険会社に申告を行うとスムーズです。

また、公認車検を受けなくて良いような軽微な改造もありますが、この場合も改造したらまずは保険会社に連絡をしましょう。問題があるかないかは保険会社が判断してくれるので、最低限連絡だけは必須です。

申告しない(隠している)と保険金がおりなくなることも

もし申告を怠ると、最悪事故を起こした際に保険金が降りなくなる可能性が高まりますので、絶対に申告するようにしましょう。もちろん、改造を隠して保険契約した場合も同様です。

まとめ

まとめ
  • 改造車でも入れるダイレクト系はたくさんある。「入れない」という噂は嘘だった。代理店型なら改造車でも柔軟に加入を許可してくれる可能性大。
  • 違法改造車はそもそも保険加入NG。入れるのは車検証に「改」とある公認改造車のみ
  • 改造することで保険料が上がるかどうかは個別のケースによる。事故リスクが上がると判断されれば保険料が上がる可能性も。
  • 改造をしたら保険会社への申告は必須。申告漏れは事故時に保険金がおりなくなるので十分な注意を。

適法な範囲、そしてマナーを守ってさえいれば改造は全く問題ありません。むしろひとつの趣味ですから自信を持って行って良いと思います。

また、改造する人にとって自動車保険がどうなるかはひとつの悩みのタネだったと思いますが、公認改造車であれば自動車保険への加入も問題ありませんし、ダイレクト系の自動車保険に入ることもできます。今まで勘違いでダイレクト系に入れないと思っていた方はぜひこの機会に見積もりをとってみてはいかがでしょうか。意外と数万円も保険料が安くなるかもしれませんよ。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!