自動車保険

【ベンツCクラスの自動車保険を徹底解剖】保険料は高い?車両保険はムリ?

高級車の代名詞であるメルセデス・ベンツ。AクラスやBクラスといったコンパクトでカジュアルなシリーズも販売していますが、日本で高級車といえば最初に名前の挙がるプレミアムブランドです。

その中でもCクラスは、1810mmという日本の道路事情でも扱いやすいコンパクトなボディに上級シリーズであるEクラスやSクラスと同等の装備を取り入れ、「小さな高級車」としてメルセデス・ベンツの屋台骨を支える大人気シリーズとなっています。

現在は違う車に乗っていても、「いつかはCクラスに乗ってみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。ただその一方、高級車ゆえに「維持費がすごく高いのではないか」と心配する方も多いです。特に自動車保険については、「保険料が高いのではないか」「車両保険に入れないのではないか」という不安がつきまといます。

そこで今回はメルセデス・ベンツCクラスの自動車保険料について詳しく解説。グレード別の保険料の目安や「車両保険は付けられるのか」といった疑問にお答えいたします。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

コンパクトさと安全性能を両立したベンツCクラス

狭い駐車場でも扱いやすいコンパクトさ

日本では立体駐車場のサイズなどからクルマの全幅が1850mmを超えると、日常的に扱いにくくなってしまいます。その点Cクラスはコンパクトなボディをキープ。ライバルであるBMW 3シリーズ(1,825mm)、Audi A4(1,840mm)よりもスリムな1,810mmに全幅を抑え、日常的な使い勝手の良さを実現しています。

Sクラス同等の安全性能

Cクラスの良さはコンパクトさだけでなく、最上級のSクラスと同等の先進装備、安全装備を与えられていることも挙げられます。

前方約250m、側方約40m、後方約80mを検知するレーダー、約90mの3D視を含む約500m前方をカバーするスレテオカメラといった最先端のセンサーシステムを搭載。そのセンサーを「目と頭脳」として、歩行者や他のクルマとの衝突の危険を察知すると自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト」、衝突を回避するためにステアリングの動きをアシストする「緊急回避補助システム」などを装備しています。

Cクラスグレード別保険料

今回はベンツCクラスの中でも代表的なC180の保険料試算を年齢・等級別にとってみました。

20歳以下・6等級の場合
保険会社 車両保険あり(一般型) 車両保険あり(エコノミー型) 車両保険なし
東京海上日動 598,600円 369,030円 147,410円
損保ジャパン 454,030円 315,570円 114,360円
三井住友 ネット見積もり不可 ネット見積もり不可 144,580円
あいおいニッセイ同和 595,780円 381,380円 162,200円
ソニー損保 ネット見積もり不可 ネット見積もり不可 170,670円
SBI損保 470,160円 283,590円 98,710円
アクサダイレクト 711,310 円 419,200 円 169,350 円
イーデザイン損保 763,810円 450,670円 182,390円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) ネット見積もり不可 ネット見積もり不可 ネット見積もり不可
チューリッヒ ネット見積もり不可 ネット見積もり不可 262,710円
三井ダイレクト 504,520円 293,280円 117,870円
25歳以下・10等級の場合
保険会社 車両保険あり(一般型) 車両保険あり(エコノミー型) 車両保険なし
東京海上日動 196,760円 122,620円 51,050円
損保ジャパン 218,850円 152,830円 56,900円
三井住友 206,850円 131,520円 58,420円
あいおいニッセイ同和 204,080円 131,580円 57,470円
ソニー損保 170,920円 102,820円 40,190円
SBI損保 138,230円 82,510円 31,440円
アクサダイレクト 144,370 円 85,410 円 37,510 円
イーデザイン損保 166,450円 100,440円 43,890円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 259,440円 160,230円 67,680円
チューリッヒ 177,610円 97,740円 38,900円
三井ダイレクト 167,180円 93,190円 36,680円
35歳以下・15等級の場合
保険会社 車両保険あり(一般型) 車両保険あり(エコノミー型) 車両保険なし
東京海上日動 133,640円 84,020円 36,110円
損保ジャパン 136,650円 96,210円 37,450円
三井住友 127,000円 82,120円 38,570円
あいおいニッセイ同和 124,940円 81,230円 36,560円
ソニー損保 95,630円 57,630円 22,680円
SBI損保 81,040円 48,830円 19,300円
アクサダイレクト 67,660 円 42,830 円 21,000 円
イーデザイン損保 79,290円 49,290円 23,590円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 86,860円 55,540円 26,320円
チューリッヒ 103,040円 56,170円 25,130円
三井ダイレクト 95,130円 52,380円 23,820円
35歳以上・20等級の場合
保険会社 車両保険あり(一般型) 車両保険あり(エコノミー型) 車両保険なし
東京海上日動 90,190円 57,050円 25,060円
損保ジャパン 95,560円 67,440円 26,570円
三井住友 89,480円 57,970円 27,390円
あいおいニッセイ同和 88,930円 58,260円 26,900円
ソニー損保 71,960円 43,270円 16,880円
SBI損保 59,900円 36,060円 14,210円
アクサダイレクト 50,340 円 32,740 円 17,030 円
イーデザイン損保 61,350円 38,700円 19,290円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 57,850円 37,420円 18,370円
チューリッヒ 83,960円 44,840円 24,370円
三井ダイレクト 68,760円 39,470円 16,150円

高級車特有の悩み、「車両保険を受け付けてもらえない」はベンツCクラスにも当てはまるか?

車両本体価格の高い、いわゆる高級車の場合、「保険会社から車両保険を断られた」という話を聞くことがあります。Cクラスの場合はどうなのでしょうか。

ノーマルのCクラス(AMGではない)であれば車両保険は全く問題なし

AMGではない、ノーマルのCクラスであれば、車両保険の付加を断られることはありません。

AMGとはメルセデス・ベンツの高級スポーツグレードです。元々はメルセデスのレース用エンジンを開発するチューナーでしたが、現在ではメルセデスと一体となり、一台一台エンジンをハンドメイドするなど、「究極のメルセデス・ベンツ」を生産しています。

車両保険を断られる可能性があるのは車両料率クラス9と、車両本体価格1,000万円以上

自動車保険では、「対人賠償」「対物賠償」「傷害」「車両保険」の4項目について、車の型式ごとに1~9の9段階にクラス分けをしています(1が一番保険料が安く、9が一番保険料が高い)。これを「型式別料率クラス」といいます。

過去の事故データなどから「保険金の支払い実績が少ない」車を1、逆に「保険金の支払い実績が多い(または金額が大きい)」車を8や9とするわけです。

ちなみに車両保険を断られる可能性があるのは、この車両料率クラスが9の車、または車両本体価格が1,000万円を超える車の場合となります。

AMG以外は車両料率クラス8

AMGを除くCクラスの車両料率クラスは「8」です。そのため車両料率クラスを理由として車両保険を断られることはありません。

AMG以外は1,000万円以下

またAMGを除くCクラスで車両本体価格が1,000万円を超えるものはありません。

そのため車両本体価格を理由として車両保険をことわられることはありません。

つまり、一般的なCクラスであれば、車両保険を断られることはないのです。

AMGでも車両保険を断られることはあまりない

実は私自身、現行型のAMG C43 ステーションワゴンに乗っていますが、某ダイレクト系保険会社で車両保険を断られることはありませんでした(ただし保険料はかなり高くなります)。

保険会社が車両保険を断る理由

保険会社が車両保険を断る主な理由は以下の2つです。

  • 保険金支払い額が高額になるため
  • いたずらや盗難に遭いやすいため

保険金の支払額が高額になってしまうから

一番の理由は保険会社が支払う保険金があまりに高額になってしまうからというものです。

メルセデス・ベンツに代表される高級車の場合、事故を起こして修理が必要となると、部品代も含めかなりの額となります。

また仮に「全損」扱いとなれば、あらかじめ決められた車両保険金額を全額支払わなければなりません。いずれにしても保険会社としてはかなりの支出を迫られることになります。

そのため高額な車の場合、車両保険の契約を断るケースがあるのです。

「いたずら」や「盗難」に合いやすいから

高級車は一般の車に比べ、いたずらや盗難に遭いやすい傾向にあります。

いたずらや盗難は車両保険が一般型でもエコノミー型でも補償の範囲に含まれますから、保険会社としては支出が増えてしまいます。

そのため「高級車の車両保険はお受けできません」となるわけです。

Cクラスで自動車保険に加入する際の注意点

Cクラスで自動車保険に加入するときの注意点は以下の2点が挙げられるでしょう。

  • 高額な修理費を見越し車両保険には加入しておくべき点
  • 車両新価特約が高くなってしまう点

車両保険は加入するべき

それまで国産車に乗っていた方からすると、メルセデス・ベンツCクラスの保険料は「高く」感じます。

そのため「対人・対物は絶対なければ困るけど、車両保険はとりあえず止めておくか」と、車両保険に加入しない方がいます。

しかし輸入車、とりわけメルセデス・ベンツのような高級車になると、事故を起こしたときの修理代金が段違いに高くなります。工賃はそうでもないのですが、とにかく部品代が高いのです。

私はドアミラーを擦ってしまったので交換してもらおうと見積もりを取ったら、部品代だけで10万を超えていて驚いたことがあります。大きめの修理の場合、40~50万円になることも珍しくありません。

そのため車両保険に加入しておくことを強くおすすめします。

新古車に新車特約(車両新価特約)を付けるときは注意

新車特約(車両新価特約)とは、事故で車が全損や半損(保険金額の50%を超えた場合など)になった場合、「同じ新車を購入できるだけの保険金」を支払ってもらえるという特約です。

通常車は登録した瞬間に中古車となるため、500万円の車でも450万円くらいの価値になります。つまりその時点で全損になっても、450万円しか保険金を受取ることができないわけです。

しかしその場合、再度500万円の新車を購入するためには、「自費」で50万円を支払わなければなりません。

そこをカバーするのが新車特約(車両新価特約)です。

ただこの新車特約、新古車に付けるときは注意が必要です。新古車とはディーラーの試乗車など走行2,000km程度の車を中古車として売り出すもの。車の状態は新車とほとんど変わらないのにもかかわらず、購入価格は大幅に安くなるという「お得」な車です。

メルセデス・ベンツなどの高級車の場合、新古車になるだけで百万円以上も購入価格が安くなることがあります。そしてこの新古車にも新車特約を付けることができのですが、いかんせん「保険料がぐっと高く」なってしまうのです。

百万円以上安く購入した新古車ですが、新車特約が適用されれば「新車を購入できる金額」が支払われます。つまり保険料としては新車と同等の金額になってしまうわけです。

車を安く購入できたので保険も安いと思っていると、思わぬ保険料の高さに驚いてしまうので、注意が必要です。

Cクラスの保険料を抑えたい場合は「ダイレクト系」にするか車両保険を「エコノミー型」にする

結論から言いますと、AMGを含むメルセデス・ベンツのCクラスに車両保険をつけること自体はほぼ問題ありません。しかし車両本体価格が高いため、車両保険をつけるとどうしても保険料は高くなってしまいます。

そこで、以下2点の対策をおすすめします。

ダイレクト型自動車保険に変えてみる

ダイレクト型自動車保険とは、保険会社とユーザーが直接(=ダイレクトに)契約するタイプの自動車保険です。一般的な自動車保険は「代理店型」と呼ばれ、保険会社とユーザーの間に保険代理店(専業代理店、自動車ディーラーなど)が入ります。代理店型は契約手続きなどを全て代わりに行ってもらえるというメリットがありますが、代理店の手数料が発生するため、「保険料が高く」なります。

一方ダイレクト型自動車保険では間に代理店を介在させないため、「保険料が割安」になります。ただしダイレクト型はディーラーなどでは取り扱いがなく、ネットなどで検索し、自分で加入することが基本です。といってもネットショッピング+αくらいの簡単さですから、興味のある方はネットで気軽に見積もりを取ってみることをおすすめします。

\ 最短5分で完了!見積もりがまとめてとれる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

車両保険をエコノミー型に変えてみる

車両保険には「一般型」と「エコノミー型」があります。エコノミー型は「限定タイプ」とも呼ばれ、一般型よりも補償の範囲を限定し、その分保険料を安くしたものになっています。

一般型とエコノミー型の補償範囲の違い

エコノミー型 一般型
他車との衝突・接触
飛来中または落下中の他物との衝突
盗難
落書き・いたずら
火災・爆発
台風・竜巻・洪水・高潮
当て逃げ ×
単独事故 ×
転覆・墜落 ×
自転車との接触 ×
地震 × ×
噴火 × ×
津波 × ×

エコノミー型で補償されない範囲としてポイントとなるのは、「自分の運転ミスでガードレールにぶつけてしまった」、「自宅の車庫で車をぶつけてしまった」といった単独事故のばあいや、いわゆる「あて逃げ」のようなケースです。エコノミー型は基本的に「相手」がいる場合しか補償されないため、このような場合は補償されないのです。

ただメルセデス・ベンツのCクラスに乗るような方は運転歴の長いベテランの方も多く、単独事故を補償してもらう必要性が低いことも考えられます。そのような場合は車両保険をエコノミー型にすれば、保険料を大幅にカットすることが可能です。

上で紹介したダイレクト型自動車保険と組み合わせれば更にお得な保険料を実現できるため、エコノミー型の見積もりも取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

高級車の代名詞、メルセデス・ベンツのCクラスですが、ダイレクト型自動車保険も含め、ほとんどの場合において車両保険を付けることに問題はありません。ただし高級車であることから、どうしても保険料が高くなってしまいます。

しかし今回ご紹介した、2つのテクニックを使っていただければ、自動車保険の安心はそのままに、保険料を大幅にセーブすることが可能です。

  • ダイレクト型自動車保険への切り替え
  • 車両保険をエコノミー型にする

今回の記事を参考にしていただき、メルセデス・ベンツCクラスで快適・優雅なカーライフを満喫していただければと思います。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!