自動車保険

外資系自動車保険は安心できる?【デメリット・安いランキング・口コミまとめ】

国内でも販売されている「外資系自動車保険」。外資系と聞くと、ドライなイメージがあるかもしれません。実際にそのようなことが起きたら、きちんと保険金が支払われるのか心配になるかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか?

今回は外資系自動車保険が本当に安心して使えるものなのかどうか、デメリットや口コミなどをまとめてみました。

また、安いイメージがある外資系の保険料の実態についてもまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

国内で販売されている外資系自動車保険【一覧まとめ】

現在、日本国内でも「外資系の自動車保険」が販売されています。

保険自由化によって1997年に登場した「アメリカンホームダイレクト」の保険が国内初の外資系自動車保険です。当時、通販型自動車保険は日本にはなかったため、電話申込みができる保険の登場はセンセーショナルな出来事でした。それを皮切りに「チューリッヒ」や「アクサダイレクト」といった外資系通販社が次々と登場したため「外資系=通販型」というイメージが根付いているかもしれません。現在も国内の外資系の多くは通販社となっていますが、中には代理店型自動車保険を展開する損保もあるため、必ずしも「外資系=通販社」でないことは覚えておきましょう。

以下は外資系自動車保険の一覧表です。

保険会社 本部拠点 展開保険
チューリッヒ スイス 通販型
アクサダイレクト フランス 通販型
AIG損保 アメリカ 代理店型
Chubb損害保険 スイス 代理店型
安保険太
安保険太
外資系の中にも代理店型自動車保険を展開しているところがあるんだね!

また、現在では通販型自動車保険の多くは国内資本の損保となっています。

  • ソニー損保
  • SBI損保
  • イーデザイン損保
  • 三井ダイレクト
  • セゾン自動車火災
  • そんぽ24
  • セコム損害保険
安保険太
安保険太
通販型自動車保険を販売しているのは外資系っていうイメージが強いけど、実は国内損保のほうが多いんだね。

外資系自動車保険にデメリットはあるのか?

「外資系は支払いにシビアなのではないか」「ドライな対応をされそうで心配」というイメージを持っているかもしれませんが、支払い基準は国内損保と何ら変わりありません。そもそも日本で保険を販売するには金融庁からの許可が必要であり、保険業法に基づく免許を取得する必要がありますので、保険のルールそのものに大きな違いはないと考えられます。

細かい点まで考慮すれば、「撤退の可能性」はデメリットになり得るでしょう。日本で通販型を初めて販売したアメリカンホームダイレクトは2016年4月1日より新規契約を終了しています。アメリカンホームダイレクトはもともとニューヨークに本部をもつAIG損保のグループであったたため、2007年のサブプライムローン問題に多大な影響を受けています。こうした国外の金融市場の動きに影響を受けやすいのは外資系自動車保険の特徴と言えるでしょう。

また、外資系通販社はデメリット等級(5等級以下)の受け入れが厳しい傾向があります。これは国内損保も含め通販社全体に言えることですが、デメリット等級を持っている方にとっては外資系通販社を使うことは厳しいと言わざるをえません。

緊急時サポ子
緊急時サポ子
デメリット等級をお持ちのかたは国内の代理店損保に申し込みを行うのが基本となります。

外資系自動車保険の口コミ

ここからは外資系自動車保険を使っている方の口コミをみていきましょう。実際に外資系自動車保険を使っている方にアンケートをとってみた結果をご紹介します(※2019年8月クラウドワークスにて実施)。

怒りのケンケン/39歳
怒りのケンケン/39歳
保険が下りず裁判中(アクサダイレクト)

テレビCMでもおなじみで安心感があり、とにかく保険料が他社より断然安く、ネット申し込みでさらに割引になるということで、アクサダイレクトに自動車保険を乗り換えました。前の大手保険会社よりも年間の保険料が3万円も安くなり喜んでいたところ、当時のっていたトヨタのハイエースが盗難にあってしまいました。車両保険に入っていたため連絡すると手続きを勧めてくれたので連絡を待っていると全く連絡をしてくれませんでした。こちらから連絡をすると後で折り返しますと言って連絡が来ないことが何度もありました。3か月を過ぎてやっと連絡がきたと思ったら今回は保険の支払いはできませんと言われました。納得がいかず何度も話しましたが払えないの1点張りでらちが明かず、車屋さんに相談すると、もう裁判しかないよと言われました。納得がいかず今現在、裁判で係争中です。

ルーシー/35歳
ルーシー/35歳
車両保険も付いても保険料がお得(チューリッヒ)

チューリッヒの自動車保険に加入しています。通販型なので不安もありましたが、他の自動車保険と比べて車両保険が付いても保険料が安いです。通販型でない車両保険と比べて、補償内容を変えなくてもお得になりました。その上、ロードサービスも付いています。また、様々な補償内容から自分に必要なオプションを選んで付けることができます。始めの手続きには、内容の確認もあるので時間がかかります。しかし、その後の手続きはネットなど利用すれば良いので、簡単です。

さくらんぼ/34歳
さくらんぼ/34歳
事故を起こした時にすぐに対応してくれました(アクサダイレクト)

当時、ネットの自動車保険の中で一番保険料が安かった上、ネットから契約すると割引されることを知り、保険料の安さだけで契約に至りました。なので、実際に事故を起こした時に、すぐに対応してもらえるのか不安でした。ですが、実際に事故を起こした時に、アクサダイレクトに連絡をすると、とてもスピーディーに対応してもらえて助かりました。事故の相手への対応も私の代わりにやってもらえ、とても親切で丁寧な対応をされていたようです。後日、私が事故の相手にお詫びの電話をした時に、アクサダイレクトに丁寧な対応を受けたと聞かされました。おかげで、事故の相手と円満に解決することができて、とても感謝しています。

やっくん/26歳
やっくん/26歳
丁寧な対応に安心感(AIG損保)

私の知り合いが代理店をやっていたので、加入しました。事故対応が迅速だったことです。レッカー移動の手配は自分で行う必要があったのですが、それ以外は担当者が行ってくれ示談金の交渉も円滑に進みました。思っていた金額よりもいただけて驚いたほどです。事故により一泊しなければならなかったのですが、宿泊施設や宿泊費をいただけました。また、クレジットカードを使う機会が多いので不正利用への保障もあることが安心ですね。

コージー/47歳
コージー/47歳
バッテリー上がりでチューリッヒのロードサービスを利用してみた(チューリッヒ)

現在チューリッヒの自動車保険に加入してます。それまでネット通販型保険に加入しており、更新すると高くなってしまうので他に安い自動車保険会社はないか?と探してみました。希望条件は無料ロードサービス付帯と会社名がメジャーであるこということ。チューリッヒはこの点をクリアしていたので加入しました。ただ他のネット通販型自動車保険と比べても料金面は若干高めでした。加入してから事故はないものの、一度バッテリー上がりをしてロードサービスを利用しました。連絡後40分程でサービスカーが来ましたし、無料で対応してもらえたので助かりました。ロードサービスに関して使い勝手が良いと感じましたし、現在も加入しています。

yokoi15/28歳
yokoi15/28歳
カスタマーサービスが充実しており、担当者の対応が良い(AIG損保)

AIG損保はカスタマーサービスがとても充実しているので、自動車をよく利用している人にとっては安心して自動車の運転をすることができます。私は友人の紹介でAIG損保を契約しました。過去に数回ほど事故を起こしたことがあり、AIG損保の担当者と何度かやり取りをする機会がありました。担当者の方の対応はとても良くて、迅速に対応して頂いたので、スムーズに事故処理を行うことができました。保険料はやや高いですが、安心して自動車の運転をすることができるので、とても満足しています。

阿草入多朗/27歳
阿草入多朗/27歳
安かろうよかろうな自動車保険(アクサダイレクト)

自動車を購入し、自動車保険を契約するにあたっていくつかの保険会社に見積もりを出したところ、他の会社に比べて非常に安価であったことから、アクサダイレクト自動車保険を選びました。国内損保の平均見積金額の半額という非常に安値で契約したため、ロードサービス等や保証に不安を感じていました。しかし、実際にトラブルがあってロードサービスを利用した際に、非常に迅速に対応してくれたため、その心配はすぐ吹き飛びました。安かろう悪かろうどころか、安かろうよかろうという非常に素晴らしい自動車保険ではないかと思います。

こうすけ/31歳
こうすけ/31歳
対応がとても丁寧でスピーディー(アクサダイレクト)

以前まで別の保険会社を利用していましたが、知人の紹介を断りきれずにアクサダイレクトの説明を聞くことになりそのまま乗り換えることになりました。以前の保険会社に加入していた期間では事故を起こすことがなく、比較は出来ないのですがアクサダイレクトに加入をしてしばらく経ってから事故が起きてしまい、その時の対応がとてもスピーディーで丁寧でした。決して難しいケースではなかったのでよりそのように感じたのかもしれませんが、どんな事故でもやはり不安に感じるものでその不安を取り除きながら対応をしてもらえたのでとても感謝しています。

バイク乗りとうちゃん/49歳
バイク乗りとうちゃん/49歳
チューリッヒの自動車保険に日系損保から切り替えました(チューリッヒ)

チューリッヒの自動車保険に日系損保から切り替えました。一度、交差点で他の自動車と接触する事故を起こしました。事故対応についてはとても良かったと思います。こちらから事故の報告を電話でするとまずケガはないかと私の心配をしてくれた事がとても好感が持てましたね。事故の相手方との交渉はもめる事なく、スムーズに終わったようです。私の手を煩わせる事なく全てが解決してくれたので本当に助かりました。ただ、相手方との交渉の経過についてこちらから聞かないと報告してくれなかったのは少し不満が残りましたが、結果として交渉はもめる事なく終わったのでその点は大きなマイナス点ではありません。事故があって翌年の契約更新では保険料は上がりました。けれども以前加入していた日系損保の保険料よりもまだまだ安いので満足度は高いです。

マックの花/40歳
マックの花/40歳
カスタマーサービスが充実しており、担当者の対応が良い(チューリッヒ)

この自動車保険料に加入した理由はロードサービスに魅力を感じたからです。以前加入していた自動車保険料ではロードサービスの充実度が低かったこともあり、チューリッヒのロードサービスの充実度は評判が良かったこともあり加入しました。今まで交通事故は一度も起こしてなかったこともあり、補償内容は最低限のものがあれば良いと考えていました。それよりもロードサービスを使うことの方が多かったので、ロードサービスがとても充実しているチューリッヒは個人的には気に入っています。実際にチューリッヒに加入してから外出先でバッテリーが上がってしまったり、パンクしてしまった時がありますが、その時に迅速に対応してもらうことができました。以上の理由から費用対効果がある自動車保険だと思っています。ただし一つ残念なことは、電話が中々繋がらないことです。電話さえ繋がれば対応は良いと思いますが、そこまでの過程が苦労するのが残念な点です。

保険料が安い外資系自動車保険ランキング

アクサダイレクト
保険料の安さ
形態 通販型
本拠地 フランス
アクサダイレクトは保険料の安さにかなり定評のある保険です。見積もりをとると、このアクサダイレクトかSBI損保が最安となっているケースがほとんど。若い方でも保険料を安く抑えられる傾向があるため、保険料重視で選びたい方にはオススメの保険です。

公式ページはこちら

チューリッヒ
保険料の安さ
形態 通販型
本拠地 スイス
通販型自動車保険を展開するチューリッヒも保険料の安さには定評があります。しかし、21才未満の保険料は代理店型よりも高くるくこともあり、安く使えるどうかはドライバーの年齢に関わります。35才以上のベテランドライバーであればかなり保険料を抑えた形で利用できるでしょう。

公式ページはこちら

AIG損保
保険料の安さ
形態 代理店型
本拠地 アメリカ
AIG損害保険は代理店型自動車保険を販売しています。外資系ではありますが、旧富士火災もこのAIGに合併吸収されました。代理店型ということで通販社には保険料の安さではかないませんが、事故対応やスタッフの対応は高評価を得ている損保です。

公式ページはこちら

Chubb損保(旧:エース損保)
保険料の安さ
形態 代理店型
本拠地 スイス
Chubb損害保険は2016年にエース損害保険から名称変更を行いました。もともと法人の自動車保険に強く、国内でも多くの法人から定評があります。代理店型ということで保険料が安いとは言えませんが、事故対応などについては高い評価を得ています。

公式ページはこちら

外資系自動車保険は国内損保と比べて安いのか?

外資系自動車保険は安いというイメージを持っている方がいるかもしれませんが、現在では国内損保と保険料に大差はありません。実際に見積もりを取ってみました。

見積もり条件

運転者情報:32歳/ブルー免許/東京都
車両情報:15等級/通勤・通学/10,000km以下
補償内容:対人・対物:無制限/人身傷害:3,000万円/搭乗者傷害:1,000万円/その他特約:なし

保険会社 車両保険あり(一般型) 車両保険あり(エコノミー型) 車両保険なし
東京海上日動 91,640円 68,950円 46,810円
損保ジャパン 91,750円 74,590円 47,600円
三井住友 86,890円 66,880円 47,470円
あいおいニッセイ同和 89,380円 69,900円 49,990円
AIG損保 92,160円 72,000円 48,900円
ソニー損保 67,870円 49,460円 34,230円
SBI損保 54,930円 40,520円 27,310円
アクサダイレクト 52,080円 40,220円 27,920円
イーデザイン損保 57,970円 43,210円 31,800円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 58,920円 44,760円 31,560円
チューリッヒ 59,230円 40,700円 30,350円
三井ダイレクト 62,730円 45,960円 33,790円
安保険太
安保険太
こう見ると国内損保にも安い保険はたくさんあるんだね!
緊急時サポ子
緊急時サポ子
そうですね、外資系だからと言って保険料が安いというわけではありません。実際に見積もりをとってみないとわからないという部分が大きいので、乗り換えをする際は必ず見積もりを取ってくださいね。

かつて日本で通販型自動車保険を販売しているのは外資系損保しかありませんでした。そのような背景もあり「外資系=安い」というイメージが根付いているかもしれませんが、現在は国内通販社もかなり出てきています。ソニー損保、イーデザイン損保、三井ダイレクト、そんぽ24など、人気通販社から大手社が手がける通販型も出てきています。このような状況もあり、外資系=安いとは必ずしも言えなくなってきました。たくさんの選択肢があるからこそ、見積もりをとってどこが安いのか確かめる必要性があると言えるでしょう。

\ 最短5分で完了!見積もりがまとめてとれる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

外資系損保と国内損保の違い

そもそも外資系とは海外の法人や投資家の資本が多数を占める企業のことを言います。では自動車保険で言えば実際にどんな違いがあるかというと、大きな違いはありません。補償内容、割引、特約…などなどどれをとっても国内損保とほぼ同じ構成になっています。事故対応ももちろん日本人が行う上、発生から支払いまでの流れも国内損保と一緒です。

先に触れたように、国内で保険商品を販売するには金融庁の許可が必要で、保険業法に基づく免許を取得する必要があります。国によって厳しい審査があるため、品質が大きく劣るようなことはないと考えられます。

安保険太
安保険太
外資系だからといって不安になる必要はないということだね!

まとめ

まとめ
  • 外資系自動車保険には「アクサダイレクト」「チューリッヒ」「AIG損害保険」「Cubb損害保険」などがある。
  • 外資系だからといって大きなデメリットはない。そもそも保険業法に基づく免許を取得しなければ日本国内で保険を販売することはできないため、サービスの品質は均一化が保たれている。細かい点をあげるとすれば、国内からの撤退のリスクがあること。そして通販型ではデメリット等級の受け入れが厳しいこと。ただし、デメリット等級の受け入れが厳しいのは通販社全般に言えることであり、外資系に限ったことではない。
  • 保険料の安さが目立つのは、アクサダイレクトとチューリッヒ。特にアクサダイレクトは国内損保を混ぜてもかなり安い部類の保険となる。
  • 外資系は安いというイメージがかつてはあったが、最近では国内通販社の台頭もあり、外資系だからといって必ず安いわけではない。

外資系自動車保険に不安を持っていた方もいたかもしれませんが、大きなデメリットはないとわかっていただけたのではないでしょうか。

かつては「外資系=安い」というイメージがあったかもしれませんが、現在は国内損保も通販型自動車保険を販売しており、通販型は外資系の特権ではなくなりました。安い保険を探すなら、やはり見積もりをとってみることが一番確実です。

外資系保険と国内保険、両方を選択肢にいれ、ご自身にあった保険を見つけてみてください。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!