自動車保険

三井住友海上の自動車保険は高いのか?【口コミ・評判まとめ】

国内最大手損保のひとつである「三井住友海上火災保険」。自動車保険では「GKクルマの保険」を展開し、国内トップクラスの自動車保険シェアを獲得しています。

今まで三井住友自動車保険を使っていた方、これから加入予定のある方など様々いるかと思いますが、三井住友海上の自動車保険を高いと感じたことはないでしょうか。今回は三井住友海上の自動車保険が本当に高いのか、徹底検証した結果をまとめてみました。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

【徹底比較】三井住友海上の自動車保険は本当に高いのか?


三井住友の自動車保険が本当に高いのか、調査するために他の損保の保険料を調べてみました。年齢・等級・車種など様々な条件を変化させ見積もりをとっていますので、ご自身の条件に近いものを参考にしてみてください。

条件

車両情報:6〜20等級 / 通勤・通学使用 / 年間走行距離:10,000㎞以下
運転者情報:20歳以下〜35歳以上 / 東京都 / ブルー免許
補償内容:対人:無制限 / 対物:無制限 / 人身傷害補償:3,000万円 / 搭乗者傷害:なし /特約:なし

プリウス(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 372,720円 123,720円 84,730円 57,520円
損保ジャパン 275,190円 132,940円 84,390円 59,300円
三井住友 127,970円 79,870円 57,560円
あいおいニッセイ同和 368,340円 126,410円 79,020円 57,760円
SBI損保 276,190円 86,010円 51,570円 38,230円
アクサダイレクト 500,010円 97,270円 51,130円 39,510円
イーデザイン損保 477,520円 125,310円 69,550円 47,090円
チューリッヒ 627,070円 93,210円 62,840円 42,680円
三井ダイレクト 344,660円 100,930円 59,510円 44,570円
ソニー損保 115,110円 75,660円 48,810円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 92,120円 51,430円 34,690円
アクア(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 450,490円 153,740円 106,440円 73,550円
損保ジャパン 332,550円 160,430円 101,510円 71,160円
三井住友 154,190円 95,680円 68,570円
あいおいニッセイ同和 454,190円 157,170円 93,690円 71,270円
SBI損保 347,870円 108,010円 64,440円 47,750円
アクサダイレクト 604,050円 116,720円 65,220円 45,550円
イーデザイン損保 577,560円 101,730円 71,520円 48,220円
チューリッヒ 750,830円 127,190円 86,280円 59,070円
三井ダイレクト 416,630円 122,690円 70,340円 53,940円
ソニー損保 138,380円 80,900円 58,620円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 109,620円 60,380円 41,290円
ヴォクシー(トヨタ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 450,490円 153,740円 106,440円 73,550円
損保ジャパン 332,550円 160,430円 101,510円 71,160円
三井住友 154,190円 95,680円 68,570円
あいおいニッセイ同和 454,190円 157,170円 93,690円 71,270円
SBI損保 347,870円 108,010円 64,440円 47,750円
アクサダイレクト 604,050円 116,720円 65,220円 45,550円
イーデザイン損保 577,560円 101,730円 71,520円 48,220円
チューリッヒ 750,830円 127,190円 86,280円 59,070円
三井ダイレクト 416,630円 122,690円 70,340円 53,940円
ソニー損保 138,380円 80,900円 58,620円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 109,620円 60,380円 41,290円
ベンツCクラスの場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 598,600円 196,760円 133,640円 90,190円
損保ジャパン 454,030円 218,850円 136,650円 95,560円
三井住友 206,850円 127,000円 89,480円
あいおいニッセイ同和 595,780円 204,080円 124,940円 88,930円
SBI損保 470,160円 138,230円 81,040円 59,900円
アクサダイレクト 711,310 円 144,370 円 67,660 円 50,340 円
イーデザイン損保 763,810円 166,450円 79,290円 61,350円
チューリッヒ 177,610円 103,040円 83,960円
三井ダイレクト 504,520円 167,180円 95,130円 68,760円
ソニー損保 170,920円 95,630円 71,960円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 259,440円 86,860円 57,850円
N-BOX(ホンダ)の場合
保険会社 20歳以下・6等級 25歳以下・10等級 34歳以下・15等級 35歳以上・20等級
東京海上日動 301,360円 107,590円 72,650円 49,610円
損保ジャパン 239,180円 110,710円 71,880円 51,820円
三井住友 108,190円 66,940円 48,020円
あいおいニッセイ同和 320,940円 108,190円 69,470円 51,060円
SBI損保 243,910円 76,060円 45,950円 32,680円
アクサダイレクト 377,970円 79,120 円 40,370 円 31,940 円
イーデザイン損保 470,160円 105,500円 52,270円 40,930円
チューリッヒ 482,920円 130,070円 65,380円 47,610円
三井ダイレクト 274,100円 78,260円 48,800円 35,220円
ソニー損保 92,380 円 52,460 円 39,350 円
セゾン自動車火災(おとなの自動車保険) 91,260円 54,610円 35,850円

代理店型自動車保険の中では平均的な金額

上の表を見る限り、通販型自動車保険と比べると当然割高になりますが、代理店型自動車保険の中では平均的な金額であることがわかります。しかし、車種や年齢によっては高額になるケースも見受けられますので、更新のタイミングで見積もりをとり、他社と比較しておくべきことが重要であると考えられるでしょう。

三井住友海上の自動車保険が他よりも高く感じる理由


三井住友海上の自動車保険が高く感じる理由としては大きく2点あります。

  • 保険料の安さでは通販型自動車保険のほうが優れているため
  • たまたま高くなる条件が重なったため

保険料の安さでは通販型自動車保険のほうが優れているため

自動車保険には代理店型と通販型の2種類があり、人件費等のコストを惜しまない代理店型はどうしても割高になってしまいます。しかし事故対応拠点数や初期対応時間の長さは通販型よりも優れているため、手厚い顧客対応が期待できるという点は代理店型自動車保険の強みです。

もしサービスの充実度よりも値段を重視するのであれば、保険料が割安な通販型自動車保険に乗りかえたほうが保険料は抑えられるでしょう。また走行距離に応じて保険料を変えているのは通販型だけなので、あまり車に乗らない方でも合理的な保険料で利用することができます。

どちらの保険が優れているというわけではなく、値段重視なのかサービス重視なのかで選び方は変わってきます。今一度ご自身はどちらを重視するのか考えたのち、保険を選ぶようにしましょう。

【代理店型自動車保険に加入するメリット】プロが教える本当の強みと必要性代理店型自動車保険に加入するメリットについてプロが教える本当の強みと必要性をお伝えします。保険料は高いですが手厚い事故対応と顧客対応が強みです。代理店にも種類があり専門性がちがいます。代理店型がオススメな人、使っている人の口コミをご紹介します。...
【格安の自動車保険】保険料が割安のネット通販型自動車保険とは?保険料が割安のネット通販型自動車保険の安さの理由、保険料の相場、事故対応についてご紹介します。年齢、等級別の保険料の目安や、ネット通販型は事故対応が悪いという誤解、事故対応満足度が高い保険会社、選ぶ前のポイントがわかります。...

たまたま高くなる条件が重なったため

自動車保険は年齢や車種などの条件によってどこが一番高いかが変わるものです。20代の頃は一番安かったが、30代になると他の会社のほうが安かったということもよくあります。もし現在三井住友海上の保険料が高いと感じているとしたら、たまたま保険料が高い条件になっているのかもしれません。その場合、他社への乗り替えによって同条件で今よりも保険料が安くなることも考えられますので、更新のタイミングで乗り替えを検討してみてもいいでしょう。その場合も見積もりは複数社から取り、保険料を比較することをお忘れなく。

安保険太
安保険太
自分の条件でわざわざ高い保険会社を選ぶ必要はないからね。保険料を比較して安いところを見つけるのも節約に繋がるよ。

\ 最短5分で完了!見積もりがまとめてとれる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

三井住友海上はどんな保険会社なのか?


三井住友海上火災保険は、日本大手損保ホールディングス「MS&AD」の一角を担う保険会社です。もともとは三井海上火災と住友海上火災の2つの母体がありましたが、業界再編の流れを受け2001年に合併し、現在の「三井住友海上火災」としてスタートを切っています。2010年には「あいおい損害保険」と「ニッセイ同和損害保険」とも合併を果たし、国内3メガ損保にも数えられるほどの損保として存続しています。

GKクルマの保険を中心に自動車保険を展開


三井住友海上における自動車保険の主力商品は「GKクルマの保険」です。ドラレコ型保険としては「GK見守るクルマの保険」、その他にも「はじめての自動車保険」という初心者向けのパッケージ商品や1日自動車保険「1DAY保険」なども展開しており、手広く事業展開していることがわかります。

あいおいニッセイ同和損保と同じグループであるため、保険商品の特徴が似ている部分もありますが、完全に一緒ではありません。同じ条件で保険料の見積もりをとっても若干の違いがありますので、両者は別々の保険商品であると認識するのがいいでしょう。

三井住友海上の独自の強みはあるか?

三井住友の独自の強みとしては以下の点が挙げられます。

  • GK見守るクルマの保険の展開(ドラレコ型自動車保険)
  • はじめての自動車保険の展開
  • 1DAY保険利用者は保険料が安くなる「1DAYマイレージ割引」
  • 充実のレッカー移動距離

ドラレコ型「GK見守るクルマの保険」の展開


近年はドライブレコーダーの重要性について意識が高まっていますが、GK見守るクルマの保険はドライブレコーダー型の自動車保険として人気商品のひとつとなっています。ドライブレコーダーは損保より支給されますので、契約者は自分で購入する必要はありません。また通話機能と衝撃感知機能を搭載した特殊仕様となっており、事故の衝撃を感知すると専門のオペレーターがすぐに通話対応をしてくれるので、事故でパニックになった場合でも安心です。重大事故発生時などでドライバーの意識がないような場合にはには本人の代わりに救急車などの手配をする場合もあります。スムーズな事故解決だけでなく、事故時にサポートを受けられるという面でもかなり心強い保険商品となっています。

初心者向けパッケージ「はじめての自動車保険」の展開


はじめて自動車保険に加入する人向けに「はじめての自動車保険」という保険商品を展開しています。余計な特約等を省き必要最小限の補償に絞ることで、割安な保険料になるようなパッケージ商品となっています。簡素かされたパッケージと思われがちですが、ロードサービスなどや事故対応などは通常のGKクルマの保険と全く変わりません。純新規加入者しか利用できない、選べる特約が少ないといった制約がありますが、はじめて自動車保険に加入する方にはわかりやすい内容の保険商品となっています。

1DAY保険利用者は保険料が安くなる「1DAYマイレージ割引」

友人や実家の親の車を借りる時に便利な保険が1日自動車保険です。24時間単位で使える点、スマホから簡単に手続きができる点、500円から利用でききる点など、大変手頃なサービスです。三井住友海上も「1DAY保険」という1日自動車保険を展開しており、さらに1DAY保険の利用回数に応じて新規加入者には保険料の割引を実施する「1DAYマイレージ割引」を実施しています。5回の利用実績で6等級なら8%割引、20回の利用だと最大で20%割引がされる大変お得な制度です。1DAY保険の利用実績がある方は三井住友海上を選ぶと効率的に割引が受けられることが期待できます。

【1日自動車保険を比較】コンビニ決済・即日加入できる便利な保険1日自動車保険は1日500円〜で利用でき、スマホやコンビニ決済可能な保険です。この記事では、各社の特徴、加入方法、よくある悩みから使った人の感想まで、掲載しています。急に他人の車を運転することになった場合など、ぜひこの記事を参考にしてください。...

約500Km分あるレッカー対応

ロードサービスでは各社無料レッカー対応を行なっていますが、移動距離は損保によってまちまちです。三井住友は30万円分(約500km)分のレッカー移動が補償されているので、まず追加費用が発生することはありません。山道などで事故を起こしたとしても無料移動の範囲で修理工場まで運んでもらえると言えるでしょう。

三井住友海上の評価・満足度は?

三井住友海上の評価・満足度は、第三者機関の調査結果から伺うことができます。今回は価格コム・オリコン・J.D.パワーの3機関の結果を参照してみました。

価格.com オリコン J.D.パワー
1位 セゾン自動車 ソニー損保 ソニー損保
2位 チューリッヒ 共栄火災 東京海上日動
3位 ソニー損保 東京海上日動 AIG損保
4位 SBI損保 チューリッヒ 損保ジャパン
5位 アクサ損保 セゾン自動車 イーデザイン損保
6位 イーデザイン損保 アクサダイレクト セゾン自動車
7位 三井ダイレクト AIG 三井住友海上
8位 楽天損保 イーデザイン損保 チューリッヒ
9位 AIG損保 日新火災 あいおいニッセイ同和
10位 >三井住友海上 東京海上日動 三井ダイレクト
11位 そんぽ24 アクサダイレクト
12位 >三井住友海上 SBI損保
13位 三井ダイレクト
14位 SBI損保
15位 あいおいニッセイ同和

※2019年2月最新データ

どの機関の調査でも平均より少し下位に位置する結果となりました。特に価格コムの調査では最下位に位置しているのが気になるところです。代理店型自動車保険は手厚い顧客対応を強みにしているので上位にランクインしてほしいところですが、現在は通販型各社もサービスの品質向上に努めており、なかなか思うような結果が出せなくなっているのが現状です。

三井住友海上の自動車保険を使っている人の口コミ

三井住友海上火災の自動車保険を実際に使っている人にアンケートを取った結果をまとめてみました。
※アンケート方法:2019年5月クラウドワークスで実施。実際に三井住友海上火災の保険を使っている方にご協力いただきました。

いい口コミ

33歳/N・Yさん
33歳/N・Yさん
やはり安心感が違いました

ネットの活用が安いということから、自分で最後まで作業しようと考えたが、保険料は時間をかけてじっくりと詳細を調べる術が大切だと知りました。事前に営業担当の方へメールにて割高になる理由を問い合わせていたので、問題解決をしてから申し込みができました。予算の配分や詳細な補償内容が手に取るようわかったので、自分自身にぴったりなプランにてサービスが受けられました。さらに保険に伴うバランスが三井住友系は優れており、事故に遭遇したときであっても安心して担当者と話し合いができそうです

38歳/Y・Iさん
38歳/Y・Iさん
保険料のお得感はないですが納得です

最近は自動車保険の保険料を安くするのが当たり前になってきてますがその分事故対応のマズさも明るみになっている印象です。そういう意味では三井住友海上は保険料の安さは感じないですが充実した補償内容と事故が起きた時の対応をしっかりやってくれるという言葉に安心感が持てました。なので最初は高いと思ったのですがそれだけの理由があるなと納得できました。

34歳/S・Tさん
34歳/S・Tさん
営業担当にしっかり相談した上で決められる

代理店だけあって、営業さんがとても親切丁寧に対応してくれます。初めて車の保険に入るという人や、他と比較してどういうメリットがあるのか等しっかり説明を受けた上で保険に入りたい人には向いていると思いました。アフターサービスや事故トラブル対応等は少し浅い箇所もあるものの、幅広く補償されているので安心感はあります。

38歳/Y・Kさん
38歳/Y・Kさん
事故対応の早さと付加サービスの充実

以前に車対車の衝突事故を起こした時に、対応がとても迅速で丁寧でした。事故相手との話し合いも保険会社の事故担当の方に全てお任せできとても安心できました。また、こちらの車の修理は保険会社の提携修理業者を紹介してもらえ、修理中の台車も無料で貸していただけ事故対応だけではなく付加サービスの充実にとても満足いたしました。

41歳/M・Eさん
41歳/M・Eさん
対応が早くて丁寧

少し前にまあまあ大きな事故に遭い、三井住友の自動車保険を使いました。事故のあとは、車が動かないくらいひどかったのですが、私たちが帰宅する為のタクシー、車のレッカー、翌日からの台車など、すぐに手配してくれました。その後の示談交渉もスムーズにやっていただき、とても早くて丁寧な対応で、はじめての大きな事故でしたが、なんとかなりました。

悪い口コミ

40歳/K・Uさん
40歳/K・Uさん
MOSTは内容充実。だが高い

20年ほど自動車保険商品「MOST」に加入しています。とにかくMOSTは「他社と比較して高い」という印象です。実際にほかのA社に移ろうと見積を取ってみましたが同等の内容商品で料金が格段(3/2ほど)に安くなりました。ただ縁故関係の加入に付きでやめることができず今に至ります。補償内容はフルカバーで問題なく充実しているのですが「〇〇のケースでは保険がおりません」という細かなケースも目立ちます。もう少し明瞭な約款に改定してほしいと昔から思っていました。

35歳/S・Oさん
35歳/S・Oさん
高い保険料のわりにサービスがいまいち

社名で選びましたが、内容のわりに保険料が高いかなと思い始めています。車の不具合でロードサービスを頼んだところ、来るのにかなり時間がかかり、挙げ句のはてにお金もかかりました。無料のつもりで呼んだのですが、30分以降は費用が発生するそうです。手際もさほど良いとは言えず、高い保険料を考えると変えても良いのではと思うようになりました。

39歳/M・Oさん
39歳/M・Oさん
私は悪くないと思ったのですが

少し前に、交差点で私が直進しているところに、しから突っ込まれるという事故に遭いました。私としては、完全にぶつけてられたという感じでした。事実車も助手席の辺りが一番ひどかったです。ですが、細い道でどちらも一時停止がないことから左方優先で、私の方が悪くなりそうになりました。最終的には、6対4ぐらいになりましたが、ちゃんと示談交渉をしてくれているかと不満に思いました。

33歳/J・Nさん
33歳/J・Nさん
事故相手への説明不足

私が加害者で9:1の事故を起こした際に、相手への説明が不足していると感じました。私が依頼している工場に修理に出した後に、修理完了日を保険会社に報告しているにもかかわらず1週間ほど相手に伝えておらず、直接私や工場に電話がかかってきました。もちろん私が起こした事故なので悪いのは私なのですが、その後の対応が悪い事でさらに相手の心象に大きく影響してしまったと思います。しかも遅れた理由が「担当がお休みしていいた為」と聞いてあきれてしまいました。その後、他社へ乗り換えました。

37歳/K・Aさん
37歳/K・Aさん
三井住友海上火災の事故対応力は低い

以前、三井住友海上火災の自動車保険に加入していましが、事故の対応が悪いので解約しました。相手から追突されたので、担当に連絡したところ「今時は現場に行かないんですよ!」と言われ一方的に電話を切られました。相手側の保険担当は来てたので、とても不安になりました。その後も特に連絡もなく、ただの金づるにしか思ってなかったのでしょう。解約の際も適当な対応で不愉快でした。もちろんこの代理店が悪いのだと思いますが、きちんと教育してほしいです。

三井住友海上より安い保険を選びたい方へ


今現在、三井住友海上の自動車保険を使っており、安い保険に乗り替えたいという場合は、まずは見積もりをとるところから始めましょう。自動車保険は車種や年齢などの条件によってどこが安いかが変わるものです。ひとつしか見積もりをとらないと他に安いところがあったとしても気づくことができませんので、必ず複数社の見積もりをとることが重要です。また複数社の見積もりをとることでだいたいの相場観も把握することができますから、そうした意味でも見積もりは必ず複数社からとるようにしましょう。今は一括見積もりサービスがありますので、ネットで簡単に見積もりをとることができます。電話営業なども一切なし、会員登録なしで無料で利用できるサービスですので、ぜひ積極的に利用してみてください。

\ 最短5分で完了!見積もりがまとめてとれる! /
【無料】今すぐ保険料を調べる!

まとめ

まとめ
  • 三井住友海上火災の自動車保険は代理店型の中では標準的な値段設定になっている。しかし通販型自動車保険よりは高いことが明白なので、保険料重視であれば通販社への乗り替えを検討する
  • ドラレコ型自動車保険「GK見守るクルマの保険」や、初心者向け自動車保険「はじめての自動車保険」など、様々な保険商品を展開。特にGK見守るクルマの保険はてれマティクス型の自動車保険として高品質なサービスを提供している。
  • 三井住友海上の満足度は決して高いとは言えない結果に。口コミサイトのランキングはすべて信じることはできないが、参考程度にしても低評価であることが目立った。

自動車保険は代理店型だけでなく通販型自動車保険もあります。ディーラーで最初に自動車保険に加入した方は通販型の見積もりを見たことがないという方も多いのではないでしょうか。条件によっては今より数万円以上安くなることがありますので、保険料が気になる方は通販社の見積もりを取ってみるといいでしょう。乗り換えるかどうかはその結果を見てからでも構いません。重要なのは、今の保険料が高いのか安いのか知ることです。もちろん手厚い顧客対応を期待するのではればそのまま代理店型の自動車保険に入り続けるという選択肢もあります。自分は何を重視するのか改めて考え、それにしたがって自動車保険を選ぶのが最良の選択肢といえるでしょう。

自動車保険を安くしたいなら一括見積もりが便利!

\ 私は「一括見積もり」で保険料が38,700円安くなりました!/
「ネット一括見積もり」なら主要損保の保険料をまとめて比較可能!ディーラーでは見積もりがとれない「通販型自動車保険」の見積もりにも対応しています。使い方は車種などの必要事項を入力するだけ♪ 保険料を安くするなら今すぐ一括見積もりをチェックです!

最短5分で完了!最大20社の保険料がわかる!
【無料】一括見積もりはこちら!